英語語源

英語の語源「hap-」は「偶然、運命、幸運」の意味

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

No one can foresee what will happen in the future.
(将来、何が起こるかは誰も予想できない)

「happen(起こる)」の語源は何でしょうか?

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「happen」と「happy」は語源が同じ

「happy」はもちろん「幸せな」の意味ですが、何と「happen」と語源を同じくします。

「hap-」は「偶然、運命、幸運」を表します

happy【ˈhæpi】

:幸せな

Ex) I’m so happy to see you again.
(あなたにまた会えて、とても嬉しいわ)

「幸」ともいうように、「幸せ」は「運、運命」に左右され、「偶然」とも感覚を同じくします。

happen【ˈhæpən】

:起こる、生じる
(「偶然、運命、幸運」を表す「hap-」が語源)

この「hap-」が付く単語で有名なものに、「perhaps」があります。

perhaps【pərˈhæps】

:多分、恐らく
=【per-(〜を通して)】+【hap-(偶然、運命、幸運)】
(偶然を通して、偶然によって)

Ex) Perhaps we’ll meet again.
(多分、僕らはまた会えるよ)

「perhaps」は「多分、恐らく」の意味ですが、運に投げているニュアンスから、そこまで発言に責任を持っていないのが分かりますよね。

合わせて読みたい
「maybe」の確率は何%?ー「多分」を表す英語表現
「maybe」の確率は何%?ー「多分」を表す英語表現

以下、この「hap-」が入った単語を一覧で紹介します。軽く目を通してみて下さい。

語源「hap-」が入った英単語

mishap【ˈmɪshæp】

:(小さな)不運、事故
=【miss-(悪い)】+【hap-(偶然、運命、幸運)】

Ex) I’m afraid you had a slight mishap in the playground.
(学校で怪我をしたそうね)

hapless【ˈhæpləs】

:不運な
=【hap-(偶然、運命、幸運)】+【-less(ない)】

Ex) The hapless passengers were stranded at the airport for three days.
(不幸な乗客は三日間、空港に足止めされた)

haphazard【hæpˈhæzərd】

:でたらめな、気まぐれな
(「hazard」も「偶然」のニュアンス)

Ex) The government’s approach to the problem was haphazard.
(その問題に対する政府のアプローチは行き当たりばったりだった)

以上、英語の語源「hap-」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました