英語という「教科」から、英語という「言葉」へ

次回作「もしなる2」

「もしなる2」プロローグ

「うち・・・この塾、今月で辞めるわ」

「え? どうして?」

「だって、うちには英語無理やもん。今日の学校の授業もさっぱりやったし。アホやねん、うち。あの親父の娘やから。単語も全然覚えられへん。ウエンズデーのスペルも、もう書けん。中に入っとんの、bやったっけ? dやったっけ? 入れる場所も忘れてもうた。ほんまアホや。それなんに、表現集みたいなやつを覚えられるわけないやん。文字ばっかりや」

「で、でも・・・四葉は将来、英語を話せるようになりたいんでしょ?」

「ええって、もう。英会話の本の著者とか見てみいや。みんな東大とかハーバードとか、ええとこの大学ばっかりや。うちとスペックが、もともとちゃうねん。ほんで今日、エリートにも言われたわ。もしもお前が英語話せるようになるんなら、犬や猫も会話し始めるわって」

ひどい。冗談だとしても、あんまりだ。

「それに近い将来、完璧な翻訳機もできるんやし、もうそれでええやん。今、英語真剣に勉強したって、青春の無駄使いやわ」

カッカッカッと、四葉は乾いた声で笑った。どうすればいいのだろう。今までやってきた努力を、この子は今、全て放り投げようとしている。するとその瞬間、私の体に、すうっと何かが乗り移ったような気がした。

「ねえ・・・心は、あるのかな? 翻訳機に」

「は?」

「四葉は将来、アメリカで歌を歌いながら、世界中に友達を作って、歌手を目指すんじゃなかったっけ? 英語を話せるようにならなきゃいけないんじゃなかったっけ?」

「はあ? どうしたんや、いきなり。真面目な顔して」

「機械を通して伝わったものって、心がないでしょう? ただ、文字を変換しただけみたいな。声だって、機械音でしょ。そんな翻訳機に頼って、本当の友達ができるの? 四葉だって、日本に来た外国人が日本語を覚えようとしなくて、ずっと翻訳機に頼っていたら、やっぱり嫌じゃない? こいつとは別にもういいやってならない?」

「・・・何やねん、由璃ネエ。なんか今日、いつもとちゃうやん」

四葉は眉間に皺を寄せて、「やる気ゼロやから、もう帰ってもええか?」とぶっきらぼうに言った。しかし、私は思った。ここだ。ここで今、真剣に向き合ってあげないと、この子は一生を台無しにしてしまうかもしれない。もうこの塾にも来ないかもしれない。この子の将来に手を差し伸べられるのは、世界に私一人しかいない。

「ねえ、四葉は自分の頭が悪いから、英語が話せるようにならないっていうけど、だったら英語圏の人は、みんな頭がいいの?」

「は?」

「向こうは誰でも英語を話せるよね? それこそ、小さい子供でも。ってことは、『頭のいい悪い』は関係ないんじゃないかな、英語を話せるって」

私は自分の小指を見せて、

「例えばこれ、何? 日本語で」

「なんや。小指がどうしてん?」

「ねえ、どうして四葉は『小指』って言葉を言えるの? 頭がいいから? 『小指』って漢字が書けるから? 国語の成績がいいから? 英語でその名称を知っているから?」

「はあ? ちゃうやろ。そんなん、誰でも知っとるやん」

「じゃあ、どうやって覚えた? 小指は」

「そんなん・・・忘れたわ。でも、誰かが言うとってんの、聞いて真似したんやろ、どうせ」

「でしょ? ノートに文字を書いて、勉強したんじゃないよね?」

「・・・」

「でね、この指のことはね、『pinky』っていうの、英語だったら」

四葉は再び眉間に皺を寄せた。

「じゃあ私に続いて、言ってみて。pinky, pinky, pinky,」

「はあ? 何でやねん」

「言って、ほら。pinkyって。ほら、pinky, pinky,」

「嫌や。そんなん、アホらしい。うち、もう帰んねん」

食いさがる私に、かなり苛立っているのが、見てわかった。こうなると、四葉はますます頑固になる性格だ。どうすれば私の言うことを聞いてくれるのだろうか。このまま、この子を帰してはいけない。

しかし、その時だった。背後から、可愛い声で「ピンキー、ピンキー」という声が聞こえてきた。ハッと振り返ると、隣の席の菜純ちゃんが、自分の小指を見ながら「ピンキー、ピンキー」と繰り返している。幼いながらも、必死な顔で。

「菜純ちゃん・・・」

「ねえ、よっちゃんも私と一緒に言おう。ほら、ピンキー、ピンキー」

それを見て、さすがの四葉も申し訳なくなったのか、「わーったよ」と言って、私の小指を見ながら、「pinky, pinky,」とぶっきらぼうに20回ほど繰り返した。良かった、繋がった。ありがとう、菜純ちゃん。よし、でもこれできっと、四葉のインプットはOKだ。

「はい、じゃあ、これなーんだ?」

そう言って私は、今度は四葉の小指に触れた。

「何って・・・だから、pinkyやろ?」

「ほら、覚えられたじゃない、単語。こんな一瞬で。1分くらいでしょ」

「・・・あっ」

四葉の瞳に、一閃の光が差したような気がした。ここだ、四葉の手を引っぱり上げられるのは、そう、ここしかない。

「なーんだ、全然、バカじゃないじゃん、四葉。私、もっともっと、おバカだと思ってた。何回口にしても、何にも覚えられないような子だって」

「な・・・何やねん、由璃ネエ。それは、失礼ちゃうか」

「何やねんって、今、証明したんじゃない、四葉は全ッ然、バカなんかじゃないって。だって、知らないよ、みんな。これをpinkyって言うんだって。明日学校行ってから、聞いてみなよ。もしかして、エリート先生も知らないんじゃないかな。いや、絶対に知らないよ。だって、試験には出てこないもん」

「そ・・・それが何やねん、偉いんか?」

「偉いよ。だって、ネイティブがみんな知ってて、ほとんどの日本人が知らないことを知っているんだよ。こうやって、ただ単に、ネイティブが知っている言葉を一つずつ口にして、覚えていけばいいんでしょう? 『英語を話せる』って

「・・・」

「頭のいい悪い、は関係ないの。勉強だと思うから駄目なの。単に、繰り返して言うだけの話なんだから。日本語だって、何度も繰り返し言ってきたから、覚えられたんでしょ? 言葉はね、『音と場面の記憶』なの」

言った瞬間、私は驚いた。これは、有紀さんが言っていた言葉だ。もしかすると、私にすうっと乗り移ったのは、あの人か。そうか、いるのかあの人が、ここに。道理で。強いわけだ。

今、「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」に続く、2年ぶりの新作「もしなる2」を書いています。

この2年間、ネイティブと話してきて気づいたこと、自分で気づいたことなど、すべてを落とし込みます。なぜ日本人は英語難民になってしまったのか、その核心をもう一度、縦横無尽に斬ります。

インパクトと感動は、前作を遥かに凌駕します。内容は『一人の女子中学生と一人の塾講師、そして有紀君の物語』です。

もしも「中学英語で話せる」のであれば、なぜ21世紀になっても、英語を話せる中学生が出てこないのだろうか。

そして、「中学英語で話せる」のであれば、高校3年間で習っている英語は一体、何なのだろうか。

そして、どうして日本人はその受験の後、英語が聴けず、話せず、永久に苦しみ続けるのか。

どうして何度も「やり直す」のか。そして、何度も失敗し続けるのか。

その他、英語におけるたくさんの「どうして?」には、すべてにおいて、確たる理由があります。

新しい時代に進むためには、それらを明らかにし、今までの古い常識を斬り落とさないといけません。

葛城有紀がこの2年、英語と向き合い、何を考えてきたのか、日本英語界の「パンドラの匣」を開きます。

完成まで1年以上はかかるかもしれませんが、ひとまずプロローグをドロップさせてもらいます。

受験や資格などとは関係なく、「ただ純粋に英語を話せるようになりたいだけの15歳の女の子」と、「その子をただ純粋に話せるようにさせたい一人の塾講師」が、学校英語に抗いながら、日本の行き詰った英語に、新しい風を送りこみます。

この日本を救うのは、きっと彼女たちになるはずです。

ご声援、ご支援頂けますと、幸いです。

今後ともよろしくお願い致します。

日本人が学んできた英語は「言葉」だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
書店、もしくは幻冬舎(03-5411-6222)までお問い合わせお願いします。
電子書籍でも初版版が購入できます。