英語語源

英語の語源「cur-」は「走る、流れる」を表す

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

「cursor(カーソル)」の語源は何でしょうか?

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「currency」は「流通しているもの、通貨」のニュアンス

「cursor(カーソル)」の意味は、PC画面上を「走ること」です。

cursor【ˈkɜːrsər】

:カーソル
=【cur-(走る、流れる)】+【-or(もの)】

この「cur-」は車の「car」と同起源で、「走る、流れる」を表します。

例えば「通貨」を表す「currency」も「cur-」始まりですが、これも「流通しているもの、走っているもの」です。

currency【ˈkɜːrənsi】

:通貨、貨幣
(流通しているもの、のニュアンス)

Ex) You’ll need some cash in local currency but you can also use your credit card.
(あなたは現地の通貨も必要だが、クレジットカードも使うことができます)

また、「current」は「流れ」の意味です。

current【ˈkɜːrənt】

:(海流や水流などの)流れ

形容詞「current」は「今の、流通している」の意味です。

全体的にイメージが共通していますよね。

その他、この「cur-」が入った英単語が多数ありますが、「走る、流れる」イメージで捉えてみましょう。

以下、一覧で紹介します。

語源「cur-(走る、流れる)」が入った英単語

occur【əˈkɜːr】

:起こる、生じる
=【oc-(…に向かって)】+【cur-(走る、流れる)】

Ex) The earthquake occurred during the meeting.
(ミーティングの最中に地震が起こった)

recur【rɪˈkɜːr】

:再発する
=【re-(再び)】+【cur-(走る、流れる)】

Ex) There is only a slight chance that the disease will recur.
(その病気が再発する見込みはほぼないでしょう)

concur【kənˈkɜːr】

:一致する、同時に起こる
=【con-(共に)】+【cur-(走る、流れる)】+【sion(名詞)】

Ex) Scientists generally concur that climate change is a reality.
(科学者たちは、気候変動が現実のものになっていることに同意している)

incur【ɪnˈkɜːr】

:招く、被る
=【in-(中に)】+【cur-(走る、流れる)】

Ex) She had incurred the wrath of her father by marrying without his consent.
(彼女は父親の同意なく結婚したことによって、怒りを買ってしまった)

excursion【ɪkˈskɜːrʒn】

:遠足、小旅行
=【ex-(外に)】+【cur-(走る、流れる)】+【sion(名詞)】
(外に向かって走るニュアンス)

Ex) a school excursion
(学校の遠足行事)

cursive【ˈkɜːrsɪv】

:筆記体

Ex) cursive writing
(筆記体)

course【kɔːrs】

:コース
(コースも走るもの)

Ex) The college runs specialist language courses.
(その大学には専門的な言語コースがある)

以上、英語の語源「cur-」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました