英語語源

英語の語源「rive-」は「岸、川」を表す

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

「ライバル(rival)」の語源は何でしょうか?

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「rival」と「river」は同じ語源

「rival(ライバル)」「river(川)」は何と語源が同じで、ラテン語由来の「岸(rive)」から来ています。

river【ˈrɪvər】

:川

合わせて読みたい
「滝」って英語で何て言うの?ー川・湖の英単語一覧
「滝」って英語で何て言うの?ー川・湖の英単語一覧

そして「rival」の語源は、その昔、川の両側で水の所有権を争ったところにあります。

rival【ˈraɪvl】

:ライバル
=川の両側で「水の所有権」を争ったところから、「好敵手」の意味になった。

この「rive(岸)」由来の単語で、有名なのは「arrive(到着する)」です。

arrive【əˈraɪv】

:到着する
=【ar-(その方向へ)】+【rive(岸)】

Ex) The bus arrived on time.
(時間通りにバスが到着した)

このように、「arrive」の本来のニュアンスは「岸に到着する」ことでした。

そしてもう一つ、この「rive-」由来の単語に「derive」があります。

derive【dɪˈraɪv】

:由来する、引き出す
=【de-(離れて)】+【rive(岸)】

Ex) Many English words are derived from French.
(多くの英語はフランス語に由来する)

「川から水を引く」ニュアンスが「…に由来する」などの意味に繋がっていきました。

以上、英語の語源「rive-」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました