フレーズ集

「ミスった!」を英語で言うと?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

I ____ again.
(私はまたミスってしまった)

A)missed
B)mistook
C)made a mistake

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「miss」は「狙いを外す」ニュアンス

答えは「made a mistake」になります。

答え

C)made a mistake

I made a mistake again.
(私はまたミスってしまった)

これはよくある間違いで、日本語では「ミスった」で表現するので、思わずその感覚で「I missed!」と言ってしまいがちですが、「miss」はもともと「狙いを外す」という意味で使います

「miss」のイメージ例文

I threw a dart and missed the target.
(私はダーツを投げたが、的を外してしまった)

そしてここから「…を逃す」「…がいなくて寂しく思う」などの意味に派生していきます。

「miss」の例文を紹介します。

  • I need to hurry or I’ll miss the next train.
    (急がないと、次の電車を逃してしまう)
  • I’m so happy to see you again. I’ve missed you.
    (また会えて嬉しいわ。本当にいなくて寂しかったわ)

次に「mistake」は主に名詞で使いますが、動詞で使う場合は「…を間違える、誤解する」という意味の「他動詞用法」に限定されます

「mistake」のイメージ例文

I admit that I mistook your intentions.
(君の意図を誤解していたことは認める)

そのため、「あっ、ミスった!」の意味で「I mistook!」とは言えないので、要注意です。「mistake」の後には必ず、「間違えた目的語」が来ます。

例文です。

  • I mistook him for his brother.
    (私は彼を弟と間違えた)
  • The army’s leaders mistook the strength of the enemy.
    (軍の指導者たちは敵の強さを勘違いしていた)

そして、日本語の「ミスった」を英語にするなら、上でもお伝えしたように「make a mistake」で表現します

「ミスをする」を英語にすると

I made a mistake again.
(私はまたミスを犯してしまった)

長くなりますが、これが文法的に正しい表現です。

ただ、このような場合、ネイティブはよくくだけて「I messed up.」や「I screwed up.」や「I goofed up.」などと表現します。「やっちゃった」のニュアンスです。

「やっちゃった!」を英語で表現すると

I messed up!
(うわっ、やっちゃった)

海外ドラマや映画などにもよく出てくる表現なので、是非覚えておきましょう。

以上、「ミスった!」の英語表現のでした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました