フレーズ集

「日焼けする」は英語で何て言う?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

I got ____ and my skin hurts.
(日焼けして、肌が痛い)

A)sunburned B)suntanned

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

英語の日焼けは「2種類」ある!?

答えは、「sunburned」になります。

A)sunburned

I got sunburned and my skin hurts.
(日焼けして、肌が痛い)

まず、「sunburn」は「burn(燃える)」から分かるように、上のような肌が痛くなるほどの「ヒリヒリした日焼け」をした時に使います

  • I got badly sunburned.
    (ひどい日焼けをしてしまいました)
  • He has a bad sunburn.
    (彼はひどい日焼けをした)

このように動詞としても、名詞としても使います。

ちなみに日焼け止めは「sunscreen」と言い、塗るなら「put on some sunscreen」などで表現できます。

一方、こんがりと焼く日焼けは「suntan」を使います

「suntan」のイメージ例文

They got suntanned at the beach.
(彼女たちは海辺で肌を焼いた)

「suntan」は略されて、よく「tan」だけで表現されます。

  • I got (sun)tanned.
    (日焼けしちゃったよ)
  • She has a nice (sun)tan.
    (彼女の肌は素敵に日焼けしている)

こちらも同じく動詞としても、名詞としても使います。

以上、「日焼け」の英語表現でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました