英語の「雷」の感覚ー「thunder」と「lightning」

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

That sounds like a _____.
(あれは雷のような音だ)

A)thunder B)lightning

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「雷鳴」は「thunder」、「稲妻」は「lightning」

これは日本語の場合ですが、空がゴロゴロゴロと鳴ったら、「あっ、雷だ!」と思うでしょう。

その一方で、空がピカッと光ったら、同じように「あっ、雷だ!」と思うはずです。

重要

このように日本語では音(雷鳴)も光(稲妻)も「雷」だけで表現できますが、英語は雷鳴を「thunder」、稲妻を「lightning」と分けて表現します。

そしてクイズは「音」について、なので、答えはこうなります。

答え

A)thunder

That sounds like a thunder.
(あれは雷のような音だ)

ちなみに2つを合わせると、英語では「thunder and lightning」と言います(この語順が反対になることはありません)

「雷」のコロケーション

合わせて、「thunder」と「lightning」をどう使うかも見ておきましょう。

まず、「雷がゴロゴロと鳴る」のは、「rumble」や「roll」という動詞を使います

「thunder」の例文

I could hear thunder rumbling/rolling in the distance.
(遠くで雷がゴロゴロと鳴っている)

ちなみに「ローリングサンダー」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、直訳すると「轟く雷鳴」の意味です。

そこから、ベトナム戦争時のアメリカの爆撃作戦や、歌や漫画にもその名称が使われるようになりました。

「thunder」の例文を少し見てみましょう。

  • The thunder was getting louder and louder.
    (雷鳴がどんどんどんどん大きく響いてきた)
  • Thunder crashed in the sky.
    (空で雷鳴が大きな音を立てた)
  • There was a sudden clap of thunder and I woke up in a panic.
    (突然の雷鳴に驚き、私は目を覚ました)

次に「lightning」を見てみます。

もしも雷が落ちたら、使う動詞は「strike」や「hit」になります

「lightning」の例文

The tree was struck by lightning.
(その木は雷に打たれた)

「strike」は強く打つ動詞です。

こちらも例文を見てみましょう。

  • Lightning never strikes twice in the same place.
    (雷は同じ場所に二度も落ちない)
  • Lightning flashed across the sky.
    (空を稲妻が走った)
  • A flash of lightning lit up the night sky.
    (稲妻が夜空を明るく照らした)

以上、「雷」の英語表現について、でした。

合わせて読みたい
「地滑り」は英語で?ー災害の英単語一覧
「地滑り」は英語で?ー災害の英単語一覧
無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました