「降水確率」って英語で何て言うの?

管理者

今なら無料で試せる!アメリカ発の世界No.1オンライン英会話

クイズ

The weather forecast said there’s an 80% ____ of rain today.
(天気予報が言うには、今日の降水確率は80%だって)

A)chance B)change

Amazonキャンペーンが1ヶ月延長!

「降水確率」は「chance of rain」

「降水確率」は英語で「chance of rain」と言います。

クイズ

A)chance

The weather forecast said there’s an 80% chance of rain today.
(天気予報が言うには、今日の降水確率は80%だって)

日本語では「チャンス=好機、絶好の機会」で使っているため、何となく違和感がある人もいるかもしれませんが、「chance」には「確率」「偶然」という意味があります。

例文を見てみましょう。

「確率」の意味の「chance」の例文

He only has a slim chance of passing the exam.
(彼が試験に合格する確率はほんの僅かだ)

「偶然」の意味の「chance」の例文

We met her by chance.
(私たちは偶然、彼女と会った)

「by chance : 偶然に」

もちろん、「chance」には「好機、絶好の機会」の意味もあるのですが、こういう使われ方が多いということを覚えておいて下さい。

ちなみに「好機、絶好の機会」を言う場合、ネイティブは「chance」より、「opportunity」という単語をまず思い浮かべます。

重要

そのため空を見上げて、「今日の午後、雨が降るchance(確率)は40%か」と思ったなら、それは英語で「There’s a 40 percent chance of rain this afternoon.」という呟きになります。

組み立て方

「there’s a ○○ percent chance of rain today/this afternoonなど」

英語で独り言を言う時にも、使える表現ですね。

少しだけ例文を紹介します。

  • What’s the chance of rain today? 
    (今日の降水確率はどれくらい?)
  • Today’s weather is mostly cloudy with a 10 percent chance of rain.
    (今日の天気はおおむね曇りで、降水確率は10%だ)

以上、「降水確率」についてでした。

インプットしたらアウトプット! 無料で試せるオンライン英会話一覧!

一般・学生さん向け

キッズ向け

ビジネスマン向け

アプリなど

資料請求はこちらからできます
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科卒業。テレビ制作・脚本家を経て、大手学習塾の講師に転身。

その後、英会話スクールの教室長、そして誰もが知っている大手英会話スクールの本部勤務を経て、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)特に「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業で英語を使って働きながら、Instagramを通し、学び方について発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました