「落書き」って英語で何ていうの?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

The paper was covered in ____.
(その紙は落書きで溢れていた)

A)graffiti B)doodles

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「graffiti」は壁に描かれたもの

答えは「doodles」になります。

答え

B)doodles

The paper was covered in doodles.
(その紙は落書きで溢れていた)

あまり知られていないかもしれませんが、「doodle」は「落書き」の意味です。

doodle【ˈduːdl】
:a line, shape, etc. that you have drawn when you are bored or thinking about something else

Oxford Learners’ Dictionaries

このように、「暇な時や何かぼんやりと考えている時に描く、線や形」「doodle」の定義です。つまり学生時代、授業中に教科書やノートに描いていたのは「doodle」になります。

ちなみにこの「doodle」には、動詞用法もあります。

動詞「doodle」のイメージ例文

I doodled in my notebook.
(私はノートに落書きをした)

一方、「graffiti」も「落書き」という意味です。

よく歌の歌詞などにも「グラフィティ」という言葉が出てきますが、この「落書き」は壁面に描かれるもので、よく「アートの一つ」にも分類されます。

「graffiti」のイメージ例文

The subway was covered in graffiti.
(地下鉄は落書きで埋め尽くされていた)

一応、英英辞書の定義も見ておきましょう。

graffiti【ɡrəˈfiːti】
:drawings or writing on a wall, etc. in a public place

Oxford Learners’ Dictionaries

このように、日本語はノートでも壁でも「落書き」は「落書き」ですが、英語はスケールの違いによって言葉が変わります。

そしてこれは私の体験談ですが、その昔、単語帳で「graffiti=落書き」と丸暗記し、その後、ネイティブ相手に「I used to draw graffiti in my notebook when I was a student.」と言ったことがあります。相手はとても変な顔をされていました。

そう、これは「graffiti」を一度も見ないで、「graffiti」を覚えてしまったことにおける、ミスコミュニケーションです。「graffiti」はノートに描けないのです。

やはり、単語は可能な限り、見て、触って、感じて、覚えていくのが理想的です。

また、英語には「落書き」がもう一種類あります。それが「scribble」です。

「scribble」のイメージ例文

The page is covered with a mass of scribbles.
(大量の走り書きがページに埋め尽くされている)

こちらも定義を見ておきましょう。

scribble【ˈskrɪbl】
:careless and untidy writing

Oxford Learners’ Dictionaries

このように走り書きで、ぐちゃぐちゃした感じの「落書き」ですね。「doodle」のような、「絵」ではありません。

また、これにも動詞用法があります。

動詞「scribble」のイメージ例文

She scribbled down her phone number and pushed it into his hand.
(彼女は自分の電話番号を走り書きし、彼の手の中に押し込んだ)

つまり、数字が判別できないくらい、汚い筆跡になります。

以上、英語の「落書き」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました