イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
冠詞

【英語】冠詞「A/An」の使い方(Answer Key)

こちらは、冠詞「A/An」のAnswer Keyです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

一つの(初出のものに使う)

I bought a car yesterday. This is the car.


昨日車を買って、これがその車だ。
▶︎「初出の情報のもの」には、「a」が付きます。もちろん、共通認識がついた2文目では、「a」から「the」に変わっています。
▶︎ちなみに「a/an」は、「indefinite article」と呼びます。

      🔈

I found an apple on the ground.


地面にリンゴが落ちているのを見つけた。
▶︎母音の前は、「an」になります。

      🔈

He is an honest man.


▶︎この場合も、母音始まりなので、「an」になります。文字ではなく、「音」で判断しましょう。「hour」も同じで、「an」になります(Ex/ She was half an hour late.)

      🔈

We planted a tree in the field.

      🔈

A train passed by.


電車が通過しました。

      🔈

数字の「1」

I want a million dollars.


100万ドル欲しい。

      🔈

I bought a dozen doughnuts for my family.


▶︎「a dozen」で、「1ダース」です。

      🔈

I ate a third of the pizza.


▶︎「a third」で、「3分の1」です。

      🔈

I will be free in a week or two.


1、2週間ほど時間があります。

      🔈

I don’t want to pay a penny for this.


これに1ペニーも、払いたくない。

      🔈

She left me without a word.


一言も言わずに、去りました。

      🔈

一人の、一つの

My mother is a teacher.

      🔈

She’s a very beautiful woman.

      🔈

He’s a Buddhist.


仏教徒です。

      🔈

It’s a full moon tonight.



▶︎月は一つなので、通常「the」を付けますが、形容詞がついた場合、沢山ある様相の中の「一つ」と考え、「a」を付けます。満月は何度も回ってきます。一つに決められません。

      🔈

I was caught in a torrential rain.


ゲリラ豪雨に遭いました。

      🔈

どんな〜でも

A young person can work very hard.


若者は、ハードワークができる。
▶︎「a」は、「無作為の一人、一つ」です。そのため、「a …」で、「どんな…でも」のニュアンスが出せます。

      🔈

ある〜

A Mr. Cooper called for you a few minutes ago.


クーパーさんという方から、数分前に電話がありましたよ。
▶︎この場合、「クーパーさん」のことをよく知りません。こうして、「限られた知識」のものは、人であっても「a」を付けます。

      🔈

〜のような

His friends say he’s an Ichiro in regards to baseball.


彼の友達は、野球に関してはイチローのようだと言っています。
▶︎「a」を人名(有名で、能力がある人)の前につけることで、「〜のような」の意味になります。

      🔈

作品

The museum recently displayed a Leonardo da Vinci.


その美術館は最近、レオナルドダビンチの作品を展示しました。
▶︎「a」を人名の前につけることで、「…の作品」のニュアンスになります。

      🔈

My violin is a Stradivarius.


私のバイオリンは、ストラディバリウスです(バイオリンの最高峰)

      🔈

程度

The dog is a bit noisy.


その犬は少し騒がしい。
▶︎「a bit」で、「少し」のニュアンスになります。

      🔈

Could you turn the music down a little?


ちょっと音楽のボリュームを下げてもらってもいい?

      🔈

〜につき

I go to the office three times a week.


私は週に3回、オフィスに行きます。
▶︎「1回分に」の意味から、「〜につき」のニュアンスが出せます。

      🔈

The car is traveling at a hundred kilometers an hour.


その車は、時速100キロで走っています。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!