英語語源

英語の語源「fare」は「旅行、行く」を表す

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

「farewell(別れ)」の語源は何でしょうか?

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「welfare」は「幸福、福祉」

「farewell(別れ)」は「fare」と「well」に分かれます。

そして、「fare」は「運賃、乗車料金」の意味でもよく知られていますが、元々は「旅行、行く」を表す言葉でした。

fare【fer】

:運賃、乗車料金

Ex) I need some coins for the bus fare.
(バス代に小銭が必要だ)

そして、「farewell」は「fare(旅行、行く)」+「well(よく、元気に)」で出来上がった言葉になります。

答え

farewell【ˌferˈwel】

:別れ
=【fare(旅行、行く)】+【well(よく、元気に)】
(良い旅立ちを)

Ex) a farewell party
(送別会)

また、「welfare」という単語も同じ語源です。

これも「well」と「fare」が組み合わさっており、意味は「幸福、福祉」になります。

welfare【ˈwelfer】

:幸福、福祉
=【well(よく、元気に)】+【fare(旅行、行く)】

Ex) We are concerned about the child’s welfare.
(私たちは子どもの福祉を心配しています)

最後に「thoroughfare」という単語もあります。意味は「大通り、幹線道路、街路」です。

thoroughfare【ˈθɜːrəʊfer】

:大通り、幹線道路、街路
=【thorough(…を通して)】+【fare(旅行、行く)】

全てにおいて、「旅行、行く」のイメージが共通していますね。

以上、英語の語源「fare」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました