動詞

「怪我をする」は「injure」?「wound」?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

She was ____ in the traffic accident.
(彼女は交通事故で怪我をした)

A)wounded B)injured

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「wound」は(刃物や銃などで)人の体を傷つけるニュアンス

答えは「injured」になります。

答え

B)injured

She was injured in the traffic accident.
(彼女は交通事故で怪我をした)

日本語の「怪我をする」という表現はどの場面でも使えますが、英語は場面によって使い分けています

まず、「injure」は「(事故やケンカなどで)負傷させる」ニュアンスです。偶発的なもので、よくニュースの報道などで見かけます。

動詞「injure」のイメージ例文

He fell off the horse and got injured.
(彼は落馬して、怪我をした)

このように、よく「be(get) injured」の形でよく使います。

その他の例文です。

  • One of the players is injured.
    (選手が一人怪我をした)
  • He got injured on the outward journey.
    (彼女は往路で怪我した)

一方、「wound」は「(刃物や銃などで)人の体を傷つける」ニュアンスになります。

動詞「wound」のイメージ例文

The wounded soldier is dying.
(その負傷した兵士は死にかけている)

イメージとしては戦争やテロなどで、刃物や銃撃などから受ける負傷で、こちらも「be(get) wounded」の形でよく使われます。

例文を見てみましょう。

  • The wounded man was in agony.
    (負傷した男は苦しんでいた)
  • One reporter was wounded in the leg.
    (記者1人が足を負傷した)

また、上の「injure」や「wound」以外にも「hurt」も傷つける意味で、日常よく使います。そして「感情」も傷つけることも可能です。

「hurt」のイメージ例文ー①

I didn’t mean to hurt your feelings.
(君の感情を傷つけるつもりはなかったんだ)

ちなみにこの場合、「feelings」と「複数形」で表現します。

また、「hurt」はよく日本語の「⚪︎⚪︎が痛い!」を表現する時にもよく使います。

「hurt」のイメージ例文ー②

My knee hurts!
(膝が痛い!)

「hurt」の例文です。

  • Be careful with that knife or you could hurt yourself.
    (ナイフの扱いに気をつけないと、怪我をするかもしれないよ)
  • hurt my back while carrying a heavy box up the stairs.
    (重い箱を階段で運んでいる時、腰を痛めた)
  • My tooth hurts a little.
    (歯が少し疼くな)
  • What really hurt was that he never answered my letter.
    (本当に傷ついたのは、彼が私の手紙に返事をくれなかったことだ)

最後にまとめると、こうなります。

重要
  • 「injure」
    →「(事故やケンカなどで)負傷させる」ニュアンス。偶発的なもので、よくニュースの報道などで見かける。

Ex) He fell off the horse and got injured.
(彼は落馬して、怪我をした)

  • 「wound」
    →「(刃物や銃などで)人の体を傷つける」ニュアンス。戦争やテロなどで、刃物や銃撃などから受けるもの。

Ex) The wounded soldier is dying.
(その負傷した兵士は死にかけている)

  • 「hurt」
    →カジュアルで、日常よく使う。感情を傷つけるのもカバーしており、「⚪︎⚪︎が痛い」という場面でも使える。

Ex1 ) I didn’t mean to hurt your feelings.
(君の感情を傷つけるつもりはなかったんだ)

Ex2 ) My knee hurts!
(膝が痛い!)

以上、「怪我をする」の英語表現について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました