動詞

動詞「address」のニュアンス

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

Before the awards were given, the mayor ____ the people.
(授賞式が始まる前に、市長は群衆に挨拶をした)

A)addressed B)spoke

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「address」は「言葉を差し向ける」意味

答えは「addressed」になります。

答え

A)addressed

Before the awards were given, the mayor addressed the people.
(授賞式が始まる前に、市長は群衆に挨拶をした)

「address」は「メールアドレス」のように「宛先」や「住所」の意味で知られていますが、元々は「ad(…の方に)」+「dress(まっすぐに)」で構成されており、「メッセージや郵便などの言葉をまっすぐに差し向ける」ところに原義があります

名詞「address」のイメージ例文

His address is on the back of the envelope.
(彼の住所は封筒の後ろにあります)

そのため、名詞「address」にも「演説」という意味があり「We listened to the President’s inaugural address on the radio.」であれば、「私たちはラジオでその大統領の就任演説を聞いた」ということになります。

そして動詞としては「(…に対して)演説をする」という意味があります

動詞「address」のイメージ例文ー「演説をする」

Before the awards were given, the mayor addressed the people.
(授賞式が始まる前に、市長は群衆に挨拶をした)

そしてもちろん、「宛名を書く」という意味もあります

動詞「address」のイメージ例文ー「宛名を書く」

I’ve addressed the letter, but it still needs a stamp.
(手紙に宛名を書いたが、まだ切手を貼っていません)

また、「(人を)…と呼ぶ」という意味もあります

動詞「address」のイメージ例文ー「(人を)…と呼ぶ」

You should address the queen as “Your Majesty.”
(女王には「陛下」呼びなさい)

この場合、「…と(呼ぶ)」は「as」を使います。

そしてこの用法がとても資格試験などで問われるのですが、言葉を人に差し向けるだけでなく、問題などに言葉を向けることで、「(問題などに)対処する」という意味にも発展します

動詞「address」のイメージ例文ー「(問題などに)対処する」

We’re all curious about how the mayor plans to address the issue.
(市長がこの問題にどう対処するつもりなのか、私たちは皆、興味を持っている)

この用法はとてもよく問われるので、以下例文を少し紹介します。

  • Now there are too many problems to be addressed at one time.
    (一度に取り組むにはあまりにも多くの問題が今、山積している)
  •  Your essay does not address the real issues.
    (君のエッセーは本当の問題に取り組んでいない)

また、最後に「再帰代名詞」を目的語にとって、「(自分の注意を)向ける、取り組ませる」という意味でも使われます

動詞「address」のイメージ例文ー「(自分の注意を)向ける、取り組ませる」

We must address ourselves to the problem of traffic pollution.
(私たちは交通公害の問題に取り組まなければならない)

意味が沢山あるため、「address」は問題にも出されやすいですが、「言葉を差し向ける」というニュアンスが掴めれば、対応もしやすくなるかもしれません。

以上、「address」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました