in

「鏡の世界」は「in」?「on」?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

She looked at herself ____ the mirror.
(彼女は鏡に映る自分自身を見た)

A)on B)in

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「鏡の世界」は「in」で捉える

この「She looked at herself ____ the mirror.」の文章はまず、彼女は自分自身を見た、と伝えています。

ただ、その自分自身はどこに位置しているのか?「in the mirror」なのか、「on the mirror」なのか。これは日本語で考えていては分かりません。

そして答えは、「in」になります。

B)in

She looked at herself in the mirror.
(彼女は鏡に映る自分自身を見た)

鏡の向こう側に「箱」のような、奥行きのある「空間」がある、と考えます。彼女が位置しているのは、そこ。

「鏡の中の世界」の感覚

I can see a cat in the box.
(箱の中に猫が見える)

「鏡」の世界は、箱の中のように「空間(in)」で捉える。

  • She glanced at herself in the mirror.
    (彼女は鏡の中の自分をちらりと見た)
  • The cat discovered its ears in the mirror.
    (その猫は自分の耳を鏡の中で発見した)

ちなみに「on the mirror」となることもありますが、もちろんそれは鏡の表面に何か付着している、などのケースが考えられます。

「鏡の中の世界」の感覚

She drew “XOXO” on the mirror.
(彼女は鏡に「XOXO」と描いた)

鏡の中に描いたのではなく、その「表面」なので「on」ですね。

日本語だとここまで深く考える必要がありませんが、英語とはどこにあるのか、厳密に指定しないといけない言語です。日本人が前置詞で苦戦するのは、こうしたところからです。

ちなみに鏡に亀裂(crack)が走った時も、「There are cracks in the mirror.」で表現します。亀裂は上に付着(on)するのではなく、内部に存在する(in)からです。

以上、「鏡の世界」の捉え方について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました