和製英語

「サインをください」を英語で何て言う?ー「sign, signature, autograph」の違い

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

Can I have your ____?
(サインをくれませんか?)

A)signature B)sign C)autograph

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「sign」は「署名をする」動詞

「sign」という動詞は日本人には間違えやすい単語です。

まず、名詞で使う場合は「兆候、印、象徴、看板、星座」などの意味を表し、「署名」の意味はありません。

名詞「sign」の使い方

The exit sign is on the ceiling.
(出口のサインは天井にある)

合わせて読みたい
「What’s your sign?」の意味は何?
「What’s your sign?」の意味は何?

もしも「署名」を欲しいのであれば、名詞は「signature」を使います

名詞「signature」の使い方

Please put your signature on this contract.
(この契約書に署名をお願いします)

またこの場合、動詞として「sign」を使うこともできます。

意味は「署名をする」です。

動詞「sign」の使い方

Could you please sign at the bottom of the application?
(申し込み用紙の下のところにサインしていただけますか?)

少しややこしいので、例文を紹介します。

  • We have to collect over 1,000 signatures on the petition.
    (私たちはその嘆願書に1,000名以上の署名が必要だ)
  • Her signature is totally illegible .
    (彼女の署名は法的に全く認められない)
  • Sign here, please.
    (ここに署名して下さい)
  • You haven’t signed the letter.
    (あなたはその手紙にまだサインをしていませんよ)
  • Would you sign my T-shirt?
    (Tシャツにサインしてくれますか?)

有名人にサインして欲しい時は、最後の例文のような言い方もあります。

ただ、有名人のサインを「名詞」として使うのであれば、「signature」ではなく、「autograph」という単語が別にあります

autograph【ˈɔːtəɡræf】
:a famous person’s signature (= their name written by them), especially when somebody asks them to write it for them to keep

Oxford Learners’ Dictionaries
合わせて読みたい
英語の語源「auto-」は「自ら」を表す
英語の語源「auto-」は「自ら」を表す
合わせて読みたい
英語の語源「graph」 は「書く、描く」を表す
英語の語源「graph」 は「書く、描く」を表す

そのため、答えはこうなります。

答え

C)autograph

Can I have your autograph?
(サインをくれませんか?)

「signature」は一般の「署名」の意味なので、有名人に求めるサインには使いません。

「autograph」の例文も紹介します。

  •  He went backstage and asked for her autograph.
    (彼はバックステージに行き、彼女のサインを求めた)
  • He signed his autograph for the little girl.
    (彼はその少女にサインを書いてあげた)
  • She signs her autograph every time she’s asked.
    (彼女は求められれば、いつでもサインを書く)

このように「sign one’s autograph」という使い方もできます。

以上、日本人がよく間違う「サイン」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました