「…より優れている」を英語で表現すると?ーラテン語由来の単語

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

Your computer is far superior ____ mine.
(あなたのコンピュターは私のものよりも遥かに性能がいい)

A)to B)than

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

ラテン語由来の単語

答えは「to」になります。

答え

A)to

Your computer is far superior to mine.
(あなたのコンピュターは私のものよりも遥かに性能がいい)

基本的に「〜よりも…だ」を表現する場合は比較級を使い、「…er than 〜」の形を取るのがルールです。

比較級のイメージ例文

I’m taller than her by 2 centimeters.
(私は彼女よりも2センチ背が高い)

合わせて読みたい
「She’s taller than me?」「She’s taller than I?」ー比較級の文章の作り方
「She’s taller than me?」「She’s taller than I?」ー比較級の文章の作り方

しかしながら、このルールが適用されない単語があり、それが「superior(…より優れて)」「inferior(…より劣って)」「senior(…より年上で)」「junior(…より年下で)」などになります

というのも、これら「-or」で終わるものは、元々はラテン語から来た言葉であり、単語の中に既に「比較級」の意味が入っているために、「than」を使いません。

そしてその代わりに「着点」を表す「to」を使うことで、「…と比べて」の意味になります。

以下、例を見てみましょう。

「-or」で終わるもののイメージ例文

superior

…より優れて

Ex) The new model is far superior to the old one.
(新しいモデルは旧式のと比べると、遥かに優れている)

inferior

…より劣って

Ex) His later work was vastly inferior to his early work.
(彼の晩年の作品は、初期の作品に比べると大きく劣っている)

senior

…より年上で

Ex) She is two years senior to me.
(彼女は私よりも2歳年上だ)

junior

…より年下で

Ex) She is two years junior to me. 
(彼女は私よりも2歳年下だ)

パターンがそれほど多くないので、覚えるのも簡単ですね。

以上、ラテン語起源の「-or」終わりの単語について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました