比較級・最上級

「in the three」?「of the three」?ー最上級の文章の作り方

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

Mike is the tallest ____ the three.
(マイクは三人の中で一番背が高い)

A)of B)in

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

最上級の基本

「最上級」は3つ以上の間の中で比較して、「最も…だ」を表します。

例えば、「私の父が家族の中で最も背が高い」を英語にするとします。

My father is tall

まずこの場合、「私の父は背が高い」で文章を作ります。

My father is the tallest

次に、「tall」の前に「the」を付け、「tall」に「-est」を付けます。

My father is the tallest in my family.

最後に、どこで一番背が高いのかを示します。今の場合、「家族の中」です。

ちなみにこれは「形容詞」を最上級に変えたパターンです。

次に「副詞」を最上級に変えるパターンです。

例えば、「私の父が家族の中で一番早く起きる」を英語にする場合はこうです。

My father gets up early

まず、「私の父は早く起きる」で文章を作ります。

My father gets up (the) earliest

次に、副詞「early」に「-est」を付けます(この場合、「y」を「i」に変えます)また、「early」の前の「the」は付けても付けなくても構いません。

My father gets up (the) earliest in my family.

最後に、先ほどと同じく、どの中で一番起きるのが早いのかを説明します。今の場合、同じく「家族の中」です。

これが基本的な最上級の文の作り方です。

また、基本的には形容詞や副詞の終わりに「-est」を付ければいいのですが、例外もあるので、以下ルールを紹介します。

  • 普通は形容詞、副詞に「-est」を付け足す。
highhighest
  • 語尾が「-e」で終わるものは、「-st」を付け足す。
largelargest
  • 語尾が「子音字+y」で終わるものは、「y」を「i」に変えて、「-est」を付け足す。
happyhappiest
  • 語尾が「短母音+子音字」で終わるものは、子音字を重ねて、「-est」を付け足す。
bigbiggest
  • 比較的長い単語には、前に「most」を足す。
interestingmost interesting

以上が、最上級の語形変化です。

「in the three」なのか、「of the three」なのか

さて問題は「…の中で」を表す際に、「in」で繋ぐパターンもあれば、「of」で繋ぐパターンもある、ということです。

これが、その判別方法です。

重要

of …「具体的な数字」や「all」が来た場合

Ex) of the three(三人の中で)、of all(全ての中で)、of all the students(全ての学生の中で)

in … 「場所」や「範囲」が来た場合

Ex) in the class(クラスの中で)、in my family(家族の中で)、in the world(世界の中で)

もちろん、間違えても伝わらないことはありませんが、正しいルールを覚えておきましょう。

クイズの答えはそのため、こうなります。

答え

A)of

Mike is the tallest of the three.
(マイクは三人の中で一番背が高い)

最後にそれぞれの例文を紹介します。

  • The brontosaurus was one of the largest of all dinosaurs.
    (ブロントザウルスは最も大きい恐竜の一つでした)
  • Marilyn Monroe is the most famous of all American movie queens.
    (マリリン・モンローはアメリカの映画女優の中で最も有名だ)

  • He is the brightest in the class.
    (彼はクラスの中で一番聡明だ)
  • Ice hockey is the most popular in this country.
    (アイスホッケーはこの国で一番人気がある)

以上、基本的な最上級の文章の作り方について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました