the

「左」と「右」には「the」がつくー対比の「the」

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

My house is on ____ right.
(私の家は右側にあるの)

A)the B)何も要らない

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「唯一」に決まるものには「the」がつく

この場合、「the」は必要になります。

答え

A)the

My house is on the right.
(私の家は右側にあるの)

「the」が付くもので、一番イメージしやすいのは「太陽」ですね。

「the」のイメージ例文

The sun is shining above the horizon.
(太陽が水平線の上で輝いている)

もちろん「太陽」は一つしかないので、「どの太陽のこと?」とはなりませんよね。

このようにビシッと「唯一」と決まるものには、基本的に「the」がつきます

そしてこの考え方の延長に、「対比のthe」があります。

つまり、「左」があるなら、必ず反対側に「右」があります

クイズの例だと、話し手は頭の中で「右側」と「左側」を描いています。そして聞き手も「どちら側」かを想定しています。

その上で、「左側ではなくて、右側の方だよ」と示したわけです。この感覚が太陽と同じになるわけです。

少し例文を見てみます。

  • Move the picture a little to the right.
    (その写真を右方向に動かして)
  • Look out for traffic coming from the left.
    (左方向から来る車に気をつけて)

また、「right」には「右」の他に「正しい」という意味があります。その反対はもちろん「wrong」です。

そしてこれも対比構造になっているので、「正しい、間違った」で「right, wrong」を使う際、その直前に「the」がつくことが多くなります

「right, wrong」のイメージ例文

Sorry. I have the wrong number.
(すみません、番号を間違えました)

このように「対比のthe」が使われるパターンをまとめると、以下のものがあります。

重要

「the left(左)」↔︎「the right(右)」

「the right(正しい)」↔︎「the wrong(間違った)」

「the dark(暗闇)」↔︎「the light(光、明るみ)」

「the former(前者)」↔︎「the latter(後者)」

「the individual(個人)」↔︎「the group(集団)」

「the country(田舎)」↔︎「the city(都会)」

「in the black(黒字で)」↔︎「in the red(赤字で)」

「the morning(朝)」↔︎「the afternoon(午後)」↔︎「the evening(夕方)」

「the past(過去)」↔︎「the present(現在)」↔︎「the future(未来)」

「the beginning(始まり)」↔︎「the middle(中間)」↔︎「the end(終わり)」

「the north(北)」↔︎「the south(南)」↔︎「the east(西)」↔︎「the west(東)」

このように二つだけではなく、三つ、四つと対比構造が分かれる場合もあります。

以上、「対比のthe」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました