the

「the」をつける固有名詞

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

____ Noto Peninsula
(能登半島)

A)the B)何もつけない

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「広範囲」に広がるかどうか

この感覚は少し難しいのですが、まず基本的に「地域名」は「固有名詞」として扱われ、最初の文字を大文字で書くだけで、「the」は付けません

「地域名」は「固有名詞」として扱う

Shibuya is in Tokyo.
(渋谷は東京にある)

つまり、「The Shibuya is in the Tokyo.」とは言わない、ということですね。

しかしながら、「山脈」や「川」など「一部の特定地域の名称」には通常、「the」を付けます

なぜかと言うと、「山脈」や「川」などは広範囲に及び、その地域の人にとって「共通認識」が働くから、で説明が付きます。

「山脈」や「川」などには「the」がつく

The Alps are very beautiful.
(アルプス山脈はとても綺麗だ)

「the」は「共通認識」の印でした。よく言われるのが「太陽」や「水平線(地平線)」で、これらの前には必ず「the」を付けます。

定冠詞「the」のイメージ例文

The sun is shining above the horizon.
(太陽が水平線の上で輝いている)

「太陽」や「水平線(地平線)」は誰にとっても、共通していますよね。

そして、この感覚をそのまま「山脈」や「川」に当てはめます。

それらが及ぶ地域にとって、「ああ、あの山々のことね」「ああ、あの長く流れている川のことね」と共通認識が働き、それが「the」がつく感覚に繋がっていくわけです。

その一方で、「山」や「湖」などは感覚が違います。それらは広範囲に及ばず、局地的なものなので、「the」をつけずにそのまま表現します

山や湖などには「the」を付けない

Mt.Fuji is 3,776 meters high.
(富士山の標高は3,776メートルだ)

つまり、山脈や川などスケールの大きいものは共通意識が働くため「the」が付きやすくなり、山や湖などのスケールの小さいものは「the」をつける必要がない、と考えればいいでしょう。

そのため、その他に「the」がつくのは「海洋、山脈、群島、半島、運河」などです。長く、大きくそびえている。

答え

A)the

the Noto Peninsula
(能登半島)

一方で「the」を必要としないのは「公園、広場、島、駅、港、空港」などになります。

公園などには「the」を付けない

The train for Times Square is at track two.
(タイムズ・スクエアへの電車は2番線です)

最後にまとめると、こうなります。

「the」をつける固有名詞
→広範囲に広がる

  • 「山脈」
    →「the Alps(アルプス山脈)」「the Andes(アンデス山脈)」
  • 「川」
    →「the Amazon(アマゾン川)」「the Nile(ナイル川)」
  • 「海洋」
    →「the Pacific Ocean(太平洋)」「the Atlantic ocean(大西洋)」
  • 「砂漠」
    →「the Sahara(サハラ砂漠)」「the Gobi Desert(ゴビ砂漠)」
  • 「群島」
    →「the Philippines(フィリピン諸島)」
  • 「半島」
    →「the Malay Peninsula(マレー半島)」「the Izu Peninsula(伊豆半島)」
  • 「運河」
    →「the Suez Canal(スエズ運河)」

「the」をつけない固有名詞
→局地的なもの

  • 「山」
    →「Mt. Fuji(富士山)」「Mt. Everest(エベレスト)」
  • 「湖」
    →「Lake Biwa(びわ湖)」「Lake Michigan(ミシガン湖)」
  • 「公園」
    →「Central Park(セントラルパーク)」
  • 「広場」
    →「Times Square(タイムズスクエア)」
  • 「島」
    →「Ceylon(セイロン島)」
  • 「駅」
    →「Victoria Station(ビクトリア駅)」
  • 「港」
    →「Osaka Port(大阪港)」
  • 「空港」
    →「Narita International Airport(成田国際空港)」

以上、「the」をつける固有名詞について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました