形容詞

「湿った服」は「humid」?「muggy」?「damp」?「moist」?ー「湿った」の英語表現

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

Don’t put this shirt on. It’s still ____.
(このシャツは着ないで。まだ湿っているから)

A)humid B)muggy C)damp D)moist

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

英語には色んな「湿った」がある

日本語には色んな「湿った」に当たる表現があります。空気なら「ジメジメした」、服なら「湿っている」、ケーキなら「しっとりした」。

それぞれに「語感」があり、このように私たちは場面によって使い分けています。

それは英語も同じで、色んな「湿った」の表現があるので、イメージと一緒におさえておきましょう。

humid【ˈhjuːmɪd】

:(空気や気候が)湿気がある、蒸し暑い

Ex) Tokyo is very hot and humid in summer.
(東京の夏はとても暑く、湿気があります)

このように、「humid」は天候に関する言葉で、とても「不快」なイメージがあります

また、「hot and humid」とセットになることもあり、東京の夏など、湿気もあって暑い気候を表現するのにピッタリな形容詞です。

名詞形は「humidity」で「湿気」の意味です。

例文を見てみましょう。

  • Florida can be very humid in the summer.
    (フロリダは夏になると、とても蒸し暑くなることもある)
  • It’s very hot and humid today.
    (今日は暑くて蒸すよね)
  •  These ferns will grow best in a humid atmosphere.
    (これらのシダ類は湿った空気の中で一番よく育つ)

やはり例文を見ると、「humid」は「天候に関する形容詞」だと分かりますね。

muggy【ˈmʌɡi】

:蒸し暑い

Ex) a muggy August day
(蒸し暑い8月の日)

上の「humid」同様、「muggy」という単語もよく使います。

意味は「hot and humid」のニュアンスで、とても「不快」な語感があります。

  • This muggy weather gives me a headache.
    (この蒸し暑い天候のせいで、頭痛がする)
  • When it’s hot and muggy, no one feels like working.
    (暑くて蒸し暑くなると、誰も働く気はしなくなるよね)
  •  The ceremonies took place on a hot and muggy night.
    (そのセレモニーは蒸し暑い夜に行われた)

こちらも「humid」同様、「天候」に関する時にのみ使える形容詞です。

damp【dæmp】

:濡れてジメジメした

Ex) The cottage was cold and damp.
(その小屋は寒くて、ジメジメしていた)

「damp」も同じく不快なイメージで、濡れてジメジメしていることを表す形容詞です。

「damp」は太陽の明るい光とは真反対で、暗くて冷たいニュアンスが似合います。

そして、「humid」や「muggy」のように天候にも使えますが、服や壁など水分を含んだものにも使えます

  • It was a cold damp morning.
    (寒く、湿った朝だった)
  • His shirt was damp with sweat.
    (彼のシャツは汗で湿っている)
  • Iron the shirt while it is still damp.
    (湿っているうちにそのシャツのアイロンをかけなさい)

moist【mɔɪst】

:しっとりとした、適度に水分のある

Ex) I love cookies when they are moist and chewy.
(しっとりとして、噛みごたえがあるクッキーが好きだ)

一方、「moist」は上の3つと違い、とてもプラスのイメージがあります。水分を適度に含み、しっとりとした感じ。

そのため、食べ物や肌や唇などに使われることが多いです。

乳液などの「保湿剤」も「moisturizer」と言います。

  • a moist chocolate cake
    (しっとりとしたチョコレートケーキ)
  • The cream helps to keep your skin moist.
    (そのクリームは肌をしっとりとさせます)
  • Make sure that the soil is moist.
    (土が水分を含んでいることを確認しなさい)

使いどころが分かってきましたね。

ここでクイズの答えですが、もちろんこうなります。

C)damp

Don’t put this shirt on. It’s still damp.
(このシャツは着ないで。まだ湿っているから)

「湿っていること」に関して、不快なイメージがあり、かつ物にも使えるのは「damp」でしたね。

以上、「湿った」に当たる英語表現でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました