動詞

「search」?「search for」?ー動詞「search」の使い方

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

They’re still searching ____ the lost child.
(彼らはいまだに行方不明の子供を捜索中です)

A)for B)何もなし

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「search」の後ろには「場所」が来ることが多い

この場合、「for」は必要です。

答え

A)for

They’re still searching for the lost child.
(彼らはいまだに行方不明の子供を捜索中です)

まず動詞「search」は場所やモノを注意深く、徹底的に探す意味です。

「search」のイメージ例文

The firefighters searched the building for survivors.
(その消防士たちは生存者を求めて、建物の中を探した)

そしてこのように、「search」の後ろには「場所」が来ることが多くなります

少し例文を見てみましょう。

  • searched everywhere but I couldn’t find the keys.
    (色んな場所を探したが、私はその鍵を見つけることができなかった)
  • I’ve searched high and low for those files.
    (私はそれらのファイルを探し回った)
  • The police searched him for drugs.
    (警察は麻薬を持っていないか、彼を身体検査した)

このように他動詞として使う「search」の目的語にくるのは、「見つけたいもの」ではなくて「探す場所」になります。そして、見つけたいものは「for」で繋ぎます。

ちなみにこの「for」は「求める」ニュアンスで、「look for …(…を探す)」でもよく見掛けますよね。

「look for」のイメージ例文

She’s looking for her glasses.
(彼女はメガネを探している)

「search」は一般的によく使う「look for …」に比べ、やや「徹底的に」というニュアンスが出たり、より「見つけにくいモノ」を探す時によく使われます。

以上、動詞「search」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました