日本語に切り替えず、英語のまま理解する
オススメ教材・ソフトなど

【オススメ英語教材】絵本辞書『The Sesame street dictionary』でネイティブの英語感覚を身につけよう!

今回、『The Sesame Street Dictionary』を紹介します。

日本人の英語は、ネイティブの子供にも及ばない

「Picture Dictionary」とは言葉の意味を「イラストを使って」紹介している辞書です。書店に行くと、沢山の種類のものがありますが、一番充実しているのはこちらです。

よく書店さんに「イメージで学ぶ」系の本がありますが、それよりも遥かにイメージが多いです。

ただ、難点は日本語訳と解説がないことです。そのため、「大人の初心者」の方には難しいかもしれません。ある程度の文法知識はあったほうがいいです(中学卒業レベル)

さて、もちろんこれは英語圏の子供向けのものですが、十分、日本人の大人にも使えます。

というのも、私たちはどれだけ頑張っても、「英語圏の子供の英語力」には敵わないのですから。

さて、それはなぜでしょうか。

それは、彼らは日本語に置き換えて学ばないため、柔軟な英語の発想ができるからです。

ネイティブは子供の頃から、「簡単な言葉を使い、柔軟に英語で説明できる能力」を日々育んでいます。

日本人の英語学習に、決定的に「欠落」したのは、この能力です。

「基本動詞」や「前置詞」が使いこなせないまま、どんどん「難解な単語の日本語訳」を詰め込んでいるので、ここの感覚が完全に置き忘れられてしまっている状態です。

よく書店に「○歳児のように考えれば、英語を話せる」のような本も多いと思いますが、それはこのことを言っています。

恐らく皆さん、学校で、「have」や「get」だけで、何時間も勉強したことはないでしょう。「have=〜を持つ」「get=〜を得る」などの丸暗記で、終わらせませんでしたか? 少なくとも私はそうでした。

英会話コーナーに行くと、「動詞・前置詞をイメージで」というコンセプトの本がズラリと並び、大人が何度もやり直しているのは全てこの部分です。

一つ、例を見てみましょう。

さて、英語圏の子供は、こうやって「dress」を理解します。

しかし、日本ではこう理解させます。

「衣服は着るものです。ベティ・ルーは衣服を身につけているところです」

もちろん、英語圏の子供たちはこんなことをしません。

彼らはイラストを見ながら、これが「dress」だと覚え、この状態が「be putting on」だと、そのまま感覚で掴むのです。

「dress」を「衣服、〜に服を着させる」、「be putting on」を「〜を身につけているところです」と日本語に置き換える日本人。

「dress」を見て「dress」、「be putting on」を「be putting on」しているシーンを見て、そのまま覚えていくネイティブ。

一緒だと思うでしょうか?

いえ、それは「西」と「東」くらいに、全く違うのです。

日常に英語を被せていく、ネイティブ方式の学び方

もう一度、この絵を見ましょう。

「dress」の説明に、「A dress is something to wear.」とあります。

日本ではこれを、「衣服は着るためのものである」と、不定詞用法」という文法用語を用い、中学2年頃に学びます。

別にそれでもいいと思う方もいるでしょう。

しかしその方は、「不定詞用法」が日常の中で、言葉として浮き上がってきたことがあるでしょうか?

今まで沢山の衣服を見てきたことがあるはずです。今も着ていませんか?

しかし、それが、「something to wear」だと認識できたことが、ただの一度でもあるでしょうか?

見てみて下さい。それが、「something to wear」なのです。

そして、その文字を日本語に置き換えたら、「着るための何か」になるだけなのです。


「something to wear」は「着るための何か」ではなく、今、自分が着ているもののことだった。

全てのものには「存在意義」がある、と考えてみましょう。

コーヒーなら「something to drink」、クッキーなら「something to eat」、本なら「something to read」

どうでしょうか? 日常に英語が浮き上がってこないでしょうか?

これが「イメージ(生活)で学ぶ」ということです。

場面(イメージ)で学べば、日本語に振り回されない

折角ですので、もう一つの文章も見ましょう。

日本では、「be …ing=〜しているところだ」、「put on…=〜を着る」と日本語に置き換えます。

しかしもちろん、英語圏の子供たちは、この「状況」で理解します。

絵をみて下さい。ボタンが全部止まっていません。途中段階です。彼らはこの時制を「be …ing」と感覚で理解します。

そして、体に身につけています。これを「put on」だと理解します。

そのため、自分がパジャマを着ている途中なら、「I’m putting on my pajamas.」などと、すぐに言えます。

また、「put on」は別に、帽子でも靴でも眼鏡でも使えます。

しかし、これが日本語なら、「かぶる」「履く」「かける」などと動詞が変わります。

ただ、彼らはすぐに「I’m putting on my shoes.」と迷いもなく、言えます。

そう、「『履く』って英語で何?」と1ミリもならないのです。日本語に振り回されることはない。

ネイティブの子供は「put on」の日本語訳ではなく、「どういう状況(イメージ)」なのかを学んでいるため、日本語に振り回されることがない。

また、英語と日本語は、極めて「相性も悪い」のです。

例えばパジャマ一つにしろ、上下あるので、複数形(pajamas)で捉えます。他言語ですから、こうした「誤差」が色々あります。

英語のゴールが「翻訳家」であれば、それでもいいかもしれませんが、もしも英語の話者になるというのであれば、できる限り彼らと同じ教材、同じ学び方を真似するべきだと思うのです。

そしてこの「Picture Dictionary」は、ネイティブ感覚をつける最高の教材だと思います。

是非、イメージを効果的に使いながら、どんどん英語を「そのまま」理解していきましょう。

こちらの『The Sesame Street Dictionary』の使い方は「note」にて販売しています(¥1200。値上げしました。お早めに)。私が数年かけて考えた、「話せる」に繋がる効果的な練習方法を沢山載せています。

また、カウンセリングにお申し込みの方は、無料でプレゼントしておりますので、お買い求めにならなくて結構です。使い方も直にお伝えします。どう覚えていくか、一緒にしましょう。

こちらが商品です。これをイメージと合わせて、全部暗唱できれば、相当の話者になるはずです。

「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!