イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
オススメ教材・ソフトなど

【オススメ英語教材】絵本辞書『The Sesame street dictionary』でネイティブの英語感覚を身につけよう!

今回、『The Sesame Street Dictionary』を紹介します。

英語を英語のまま、学んでいこう

さて、今回紹介するのは、『The Sesame Street Dictionary』です。

日本人がなぜ英語を話せないのか。英会話を前にして、何度も学び直しているのか。

その大きな理由としては、

英語を日本語の「1:1」の対で覚え、基本的な単語を使い回す練習を、義務教育の中で一切してこなかった、ましてや口頭練習もなかった

ところにあるでしょう。

恐らく「英会話に挫折された皆さん」は、学生時代、「こうした勉強」をされてきませんでしたか?

ニュアンスを全部すっ飛ばし、とりあえず日本語訳を詰め込むだけ、詰め込む。

もちろん、これは「文章を日本語に訳す問題」に関しては、効果があると思います。

しかし、この覚え方は、「自由な英語発想に飛べなくさせる」という悪影響も、同時に引き起こしてしまいます。

例えば、「take:〜を取る」で覚えたとしましょう。

しかし、それでは「何をどうtakeした」のかが、想定されていません。訳すことはできるのに、使うことができなくなってしまうのです。

これが、日本人が受験の後に、英語を何度もやり直している原因です。

こちらをご覧ください。もちろん、この辞書には「take:〜を連れていく」などという教え方は、何一つありません。

そう、「take」を教えるなら、必ず「take」している場面を紹介しているのです。そしてこれが「使い方」であり、これこそが、「英語ネイティブの覚え方」です。

上の場合であれば、手を取るのが「take my hand」子供を家に連れていくのが「take you home」お風呂に入るのも「take my bath」だと書いてあります。

こうして、日本語訳ではなく、「take」を「take」で覚えていく。何が「take」できるのか、根こそぎ感覚をつけていく。

こういう「学び方」も、実はあったのです。そして、これが英語圏では「スタンダード」なのです。

もちろん、中には今まで通り、英語と日本語の「1:1」の訳語で学びたい、という方もいらっしゃるでしょう。しかしその場合は、最終的に「日本語→英語」の英作文をしないといけなくなります。

この作業は、思った以上に大変ですし、加えて「英語独特の発想の文章」も作れなくなってしまいます。できる人も、かなり選んでしまいます。

その結果、大人になってから、「takeのコアイメージは、、、」のような、動詞や前置詞など基本的な単語を、もう一度やり直す勉強も、挟んでいかないといけなくります。「話者」になるまでの時間や労力が、もっともっと掛かっていきます。

そのため、英語をやり直している方や、これから始める方は、この辞書を使って、訳すことなく、そのまま「英語的発想」を身につけていくやり方をオススメします。

特に、小さいお子さんがいらっしゃる場合は、家に一冊あってもいいと思います。分からない単語があれば、これを開いて、一緒に意味を考えてあげて下さい。

収録語数は1,300語以上。ボリュームは、十分。コスパは最強。

興味のある方は、どうかトライしてみてください。

ちなみに、こちらの『The Sesame Street Dictionary』の使い方は「note」にて販売しています(¥1200)私が数年かけて考えた、「話せる」に繋がる効果的な練習方法を沢山載せています。

また、カウンセリングにお申し込みの方は、無料でプレゼントしておりますので、お買い求めにならなくて結構です。使い方も直にお伝えします。どう覚えていくか、一緒にしましょう(既にnoteを購入し、その後でカウンセリングを受けられた方は、その分、差し引きます。お気軽にご相談ください

こちらが商品です。これをイメージと合わせて、全部暗唱できれば、相当の話者です。ちなみに赤い表紙のものもありますが、それは版が古いものであり、中身は白いものと一緒です。

「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!