日本語に切り替えず、英語のまま理解する
オススメ教材・ソフトなど

【オススメ英語教材】「Rosetta stone」で「音」と「絵」から入り直そう

今回、「Rosetta stone」を紹介します。「英語をやり直そう」と思っている方には、とてもいい教材です。

「日本語訳」しない英語圏

さて、私はあまり、国内にある教材を勧められません。なぜなら国内のものは、全てに「日本語訳」がベッタリとついているからです。本来、勧められるのは洋書のみです。

「別にいいじゃないか、日本語訳がついていても。何か問題でも?」

そう思うかもしれません。そして私も数年前まで、そう思っていました。むしろ、生徒にビシバシ日本語訳をさせていました。

しかし、これについて何年も真剣に悩み続けた結果、やはり「日本語訳は、極力ない方がいい」と断言できるようになりました。

というのもそのせいで、「聞く・話す」において、沢山のエラーが起きてしまっているからです。

日本語訳方式は、筆記試験までは別にいいのです。というのも、紙に書かれているものを、自分流に料理できるからです。

英文を最後まで見て、骨格を分析し、好きな順に組み変えられる。もう、やりたい放題できます。

しかし、それよりも上に行こうとすると、やはりどうしても日本語と英語の「厚い壁」にぶち当たってしまうのです。

受験の後、海外ドラマが全然聞き取れなくて、ビックリした人も多いと思いますが、それは今まで「筆記試験専用の勉強」をしてきたので、不思議な現象でも何でもありません。

これは極端な例かもしれませんが、この早口を「一つ一つ日本語に変換して繋ぎ合わせることができる」、と断言できる人は誰もいないでしょう。日本人の英語学習者なら、絶望的な気持ちになるはずです。

断言しますが、学校で習う「文字の和訳方式」は、物理的に「本場の英語」に、全然太刀打ちできません。「頑張れば何とかなるでしょ」のレベルではないのです。

ではどうやってこれから、英語を学んでいけばいいか。

例えば、「ill」という単語があります。

従来の覚え方では、「病気の」と訳すでしょう。日本人はそうやって単語帳で「英語:日本語」の対で覚えます。

しかしもう一つ、「違う覚え方」があります。

それは、これです。


Steve is ill.

こうして、状況(イメージ)と重ねて、そのまま覚えていく。

もちろん、気持ちが悪いのは分かります。最終的に日本語訳して、意味を抑えたくなるでしょう。年配者や頭の固い人ほど「訳したら何ですか?」と質問してきます。

しかし、そこ(日本語訳)に全てをセッティングしてしまうと、「聞く・話す」には、遠回りになってしまうのです。

少なくとも、子供に強制させるのは賢明ではないと思います。通訳や翻訳家になりたい人が、その後でやればいいでしょう。

まだ母国語で捉えようとする回線が弱いから、語学は子供の方がうまくいくのです。子供は「訳したら何?」とは聞かないのです。

「絵」に「音」を載せて、「言葉」を育む

よく「英語を話せるようになるには、環境次第だ」と言います。そのため皆さん、英語を話せるようになるために、この時代でも海外に移り住んでいます。

もちろん、英語圏には英語が溢れています。たっぷり聞けて、たっぷり話す環境があります。

しかし、誰も見ていない、もう一つ大事な側面があります。

それは、「日本語がない」ということです。

向こうでは、親が絵を指差しながら、「This is a cat.」と教える。

こうして子供はその音を聞き、この絵の名前が「cat」だと理解し、何度も正しい発音を真似します。

ただそれは私たちの、日本語の習得も同じだったはずです。

「セミ」「遠い」「鳴く」

すぐにイメージが湧くでしょう。季節だって分かるはずです。

なぜでしょうか。

「ほら、遠くでセミが鳴いているよ」

そう、こうして見て、聞き、「遠く」がどこらへんなのか、「セミ」が何なのか、「鳴く」とはどういうことかを知ったのです。

そして、それを誰かに言いました。「遠くでセミが鳴いてたよ」と。綺麗なインプットとアウトプットです。無駄が一切ないでしょう。

こういう、「場面と音の記憶」が言語なのです。

「Rosetta Stone」がなぜいいのか

そしてこの「 Rosetta Stone」は、絵(写真)と音だけで理解させていく、視聴覚教材です。つまり、「ネイティブのように英語を学べる」ソフトです。和訳させないコンセプト。

加えて、発音認識機能もついているので、かなりの優れ物です。

また、答えを4択で選んだりして、ゲーム感覚で楽しめます。ウンウンと本を開いて勉強するのが苦手な方は、合うかもしれません。

そして、何度も何度も繰り返しできるので、十分に元が取れます。もしも家族で英語に取り組んでいるのであれば、1家に1セットはあってもいいでしょう。

いや、これよりもまだ「英会話スクール」や「オンラインレッスン」の方がいいじゃないか、と思う方もいるかもしれません。

確かにレッスンは生身の人間と掛け合いができ、いい練習にはなります。しかし、それにはある欠点があるのです。

それは、「反復できない」ということです。

話題がどんどん流れ、最終的に「何となく、楽しかった」で終わってしまう。自分のペースでできない。相手や周りに合わせてしまう。

こういうレッスンは全部無意味だと思って下さい。自分自身も経験してきましたし、そういう現場をスタッフとして沢山みてきました。

結局ですが、言葉の習得は「何度も繰り返して口にすること」が鍵です。つまり、言った「回数」が重要です。

この「Rosetta Stone」は一人でできるため、何度も何度も繰り返しできます。そして相手を気にする必要もありません。

そのため、この点ではスクールなどを遥かに凌駕します。

特に初心者がスクールなどでレッスンをするのであれば、これを10回繰り返して、音を刷り込んだ方が、遥かに効果があるはずです。

よければ「体験版」がネットにあるので、やってみて自分に合いそうだな、と思われたら試してみて下さい。

以下、「Rosetta Stone」をオススメしたいのは、こういう方です。

・「受験英語(文字学習)」ばかりやってきて、「音」と「絵」を置き去りにしてきてしまった方。
・社会人になって、英語をやり直したい方。
・英語を学びたいけど、気乗りしない方。
・学校の英語が嫌いだった方。
・「音」と「絵」から、正しいやり方で英語を学びたい学生さん。
・家族で英語を正しく学び直そうとされている方。
・英会話スクールやオンラインレッスンなどで、全く喋れず、挫折してしまった方。

また、製品のラインナップは沢山ありますが、「初・中級」「中・上級」がいいと思います。ある程度英語が理解できる方は、「中・上級」からでも大丈夫でしょう。

以下、使用上のコツです。

・なるべく文字を見ないこと。文字を見れば、訳してしまい、絵(写真)がオマケになってしまいます。そうではなく、絵がメインです。
リスニングを鍛えたい人は字幕が出ても、あえて隠し下さい訓練次第で、英語を聞いていると、情景が浮かぶようになってくるはずです。
・何度もネイティブ発音に声を合わせてみると効果的です。こんなに英語って速いのか、とリアルに実感できます。合わせることで、テンポも身につきます。恐らく、「最高のシャドーイング素材」です。
・問題に合うことが目的ではありません。音と英語を合わせて、口にしていく練習ですので、問題部分でなくても、1パネル1パネル、感覚を合わせるようにして下さい。徐々に「英語の根」が張ってきます。

ただ、このソフトには欠点もあります。

それは文法の解説がない、ということです。もちろん、日本語訳もありません。そのため、この文はなぜこういう構造なのか、が解消できないかもしれません。

そのため、そこは自分で解決していく必要があります(そんなに難しい文法はありませんので、ご安心ください。中学卒業レベルで十分です)

そして、もう一つだけ注意を付け加えると、「これだけで自由に話せるようには、絶対にならない」ということです。

結局ですが、自分が英語で表現することは、自分の経験です。今日あったことや、明日やろうと思っていることなどは、そっくりそのままこのソフトには入っていません。

そしてもちろん、それが書かれた表現集などどこにも売っていなく、結局はその場その場で自分で英語で考えながら、言葉を紡いでいく必要があります。

この「Rosetta Stone」はその、根っこ作りの作業だと思って下さい。

これを通じ、軌道修正をして、「言語」へのキッカケを作ってもらえると幸いです。

「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!