to

「サンタさんに手紙を書く」に使う前置詞は?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

クイズ

He’s writing a letter ____ Santa Claus.
(彼はサンタクロースに手紙を書いています)

A)for B)to

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「着点」を表す「to」を使う

答えは「to」になります。

答え

B)to

He’s writing a letter to Santa Claus.
(彼はサンタクロースに手紙を書いています)

とても悩むところだとは思いますが、この場合は「着点」を表す「to」が使われます

「to」は「for」に比べて、到達度が高い前置詞です。

「to」のイメージ例文

I gave a present to my mother.
(私は母にプレゼントをあげた)

このように、ピタッと到着する感じが「to」の感覚です。

そして「…に手紙を書く」のも、この「to」を使います

「write to …」のイメージ例文

I write to my grandmother every month.
(私は毎月、祖母に手紙を書く)

そして、このように「a letter」を入れずに、「write to …」でも「…に手紙を書く」意味になります。

少しだけ例文を見てみましょう。

  • We write to each other regularly.
    (私たちは定期的に手紙を出しあっている)
  • wrote to him once or twice, but he didn’t answer.
    (私は彼に1、2度手紙を出したが、返事がなかった)

では「write」の後に「for」が続くのはどんな場合かを考えると、まず「目的」のパターンがあります。

「write for …」のイメージ例文

He writes for money.
(彼はお金を稼ぐために書いている)

そのため、「楽しみ」のために書くのであれば、「write for fun」になりますね。

また、その他にも「…に寄稿する、記事を書く」場合にも「for」を使います。

「write for …」のイメージ例文

He writes for “The New York Times”.
(彼はニューヨークタイム誌に寄稿している)

「(…に向けて)記事を書く」感覚です。直接的な「write to Santa Claus」の感覚と、若干ズレるのが分かると思います。

以上、「…に手紙を書く」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました