英語語源

英語の語源「para-」は「そばで、並んで、相反して」を表す

管理者

【Black Friday開催中!】全世界No1のオンライン英会話【広告】

クイズ

「parasol」「para-」は何を表すでしょうか?

【無料体験アリ!】口頭反復練習で「話せる」へ【広告】

「平行」は英語で「parallel」の感覚

まず、よく「パラレルワールド」などとお話にも出てきますが、「parallel」「平行の」を表します。

parallel【ˈpærəlel】

:平行の
=【para(そばで、並んで)】+【allel(お互い)】

Ex) The train tracks run parallel to each other.
(線路はお互い平行に走っている)

「para-」はこのように、「そばで、並んで」を表します

あの「寄生虫」を表す「parasite(パラサイト)」も同じ語源です。

parasite【ˈpærəsaɪt】

:寄生虫、寄生植物
=【para(そばで、並んで)】+【sit(食べ物)】

イメージで見ると掴みやすいかもしれませんが、「parasite」「近くに来て食べるもの」というニュアンスです。

重要

そして、このように「そばに、並んだ」ものは「相反する」というイメージにも繋がっていきます。よく「平行線を辿る」などと言ったりしますよね。

クイズの「parasol」に関しては、このニュアンスになります。

クイズ

parasol【ˈpærəsɔːl】

:パラソル
=【para(相反する)】+【sol(太陽)】

Ex) To avoid the sun, we laid under the parasol at the beach.
(太陽光を避けるために、私たちはビーチパラソルの下に横たわった)

この「para-」の使い方では、その他にも「parachute(パラシュート)」があります。

parachute【ˈpærəʃuːt】

:パラシュート
=【para(相反する)】+【shute(落ちる)】

Ex) a parachute jump
(パラシュートジャンプ)

このように「para-」は「そばに、並んで」と「相反する」の二つのイメージがあることをおさえておきましょう。

以下、「para-」由来の英単語を紹介します。

語源「para-(そばに、並んで、相反する)」が入った英単語

「そばに、並んで」のニュアンス

paraphrase【ˈpærəfreɪz】

:言い換える
=【para(そばで、並んで)】+【phrase(文言)】

Ex) He paraphrased the sentence.
(彼は文章を言い換えた)

parable【ˈpærəbl】

:寓話、たとえ話
(「そばに並べられたもの」のニュアンス)

Ex) She told her child a parable about the importance of forgiveness.
(彼女は子供に許すことの大切さを伝えるお話をした)

paralyze【ˈpærəlaɪz】

:(…を)麻痺させる、痺れさせる
=【para(そばで、並んで)】+【lyze(緩む)】
(そばが緩んだ状態になるニュアンス)

Ex) He was paralyzed after the car accident.
(彼は車の事故の後、麻痺状態になった)

paramount【ˈpærəmaʊnt】

:最も重要な、最高の
=【para(そばで、並んで)】+【mount(山の)】
(山頂の側の=最高の、のニュアンス)

Ex) Safety is of paramount importance.
(安全性を最重視しています)

paramedic 【ˌpærəˈmedɪk】

:救急医療隊員
=【para(そばで、並んで)】+【medic(治す人)】

paragraph【ˈpærəɡræf】

:段落
=【para(そばで、並んで)】+【graph(書く、描く)】

「相反する」のニュアンス

paradox【ˈpærədɑːks】

:逆説、パラドックス
=【para(相反する)】+【dox(説)】

Ex) It is a paradox that smartphones take away our free time, since they are meant to make our lives simpler.
(スマホは私たちの生活をもっと簡単にするために作られたのに、私たちの自由時間を奪うことになってしまっているのは逆説的だ)

paranormal【ˌpærəˈnɔːrml】

:超常現象の
=【para(相反する)】+【normal(通常)】
(通常を超えたニュアンス)

Ex) paranormal phenomena
(超常現象)

以上、英語の語源「para-」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました