名詞

【英語】ハロウイーンの名詞(Halloween) Answer Key

管理者

今なら無料で試せる!アメリカ発の世界No.1オンライン英会話

こちらは、「Halloween」のAnswer Keyです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

初月1円キャンペーン実施中(〜5/31まで)

Answer Key

jack-o’-lantern【ˈdʒæk ə læntərn】


:a pumpkin (= a large orange vegetable) with a face cut into it and a candle put inside to shine through the holes

      🔈

mummy【ˈmʌmi】


:a body of a human or an animal that has been mummified
ミイラ男

      🔈

vampire【ˈvæmpaɪər】


:a dead person who leaves his or her grave at night to suck the blood of living people
吸血鬼
▶︎「ドラキュラ」は、小説『吸血鬼ドラキュラ』に出てくる吸血鬼の名前です⚠️

      🔈

Frankenstein’s monster【ˈfræŋkənstaɪnz ˈmɑːnstər】


:a creature from pieces of dead bodies and brings it to life.
▶︎「フランケンシュタイン」は博士の名前なので、厳密には「Frankenstein’s monster」が正式名称です。

      🔈

werewolf【ˈwerwʊlf】


:a person who sometimes changes into a wolf, especially at the time of the full moon
オオカミ男

      🔈

ghost【ɡoʊst】


:the spirit of a dead person that a living person believes they can see or hear

      🔈

invisible man【ɪnˈvɪzəbl mæn】


:a novel (1897) by H G Wells, about a man who cannot be seen. It was later made into a popular film and a television series.
透明人間

      🔈

zombie【ˈzɑːmbi】


:a person who seems only partly alive, without any feeling or interest in what is happening

      🔈

skeleton【ˈskelɪtn】


:the structure of bones that supports the body of a person or an animal
ガイコツ

      🔈

the Grim Reaper【ðə ˌɡrɪm ˈriːpər】


:an imaginary figure who represents death. It looks like a skeleton, wears a long cloak and carries a scythe.
死神

      🔈

witch【wɪtʃ】


:a woman who is believed to have magic powers, especially to do evil things. In stories, she usually wears a black pointed hat and flies on a broomstick.

      🔈

wizard【ˈwɪzərd


:a man with magic powers
魔法使い
▶︎基本的には、「男性の魔法使い」です。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。

インプットしたらアウトプットしよう! 無料で試せるオンライン英会話一覧!

一般・学生さん向け

キッズ向け

ビジネスマン向け

アプリなど

こちらから資料請求ができます
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科卒業。テレビ制作・脚本家を経て、大手学習塾の講師に転身。

その後、英会話スクールの教室長、そして誰もが知っている大手英会話スクールの本部勤務を経て、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)特に「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業で英語を使って働きながら、Instagramを通し、学び方について発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました