英語を日本語に切り替えず、そのまま理解する
英語「やり直し」ソフト

【オススメ英語教材】「Rosetta stone」で「音」と「絵」から入り直そう

今回、「Rosetta stone」という、オススメのソフトを紹介します。もしも「英語を一からやり直そう」と思っている方には、とてもいい教材です。

「日本語訳」をしない英語圏

さて、私はあまり、国内にある教材を勧められません。なぜなら国内のものは、全てに「日本語訳」がベッタリとついているからです。

「別にいいじゃないか、日本語訳がついていても。何か問題でも?」

そう思うかもしれません。そして私も数年前まで、そう思っていました。むしろ、生徒にビシバシ日本語訳をさせていました。

しかし、これについて何年も真剣に悩み続けた結果、やはり「日本語訳は、極力ない方がいい」と断言できるようになりました。

というのもそのせいで、「聞く・話す」において、沢山のエラーが起きてしまっているからです。

話すとき、日本語が英語にならない。聞いていても、英語が日本語にならない。そのことです。

日本語訳方式は、筆記試験までは別にいいのです。というのも、紙に書かれているものを、自分の好きなように料理できるからです。英文を見て、骨格を分析し、好きな順に組み立てられる。もう、やりたい放題です。「日本人のルール」に切り替えられる。

しかし、それよりも上に行こうとすると、やはりどうしても「厚い壁」にぶち当たってしまいます。「本当の英語」に太刀打ちできない。海外ドラマが全然聞き取れなくて、ビックリした人も多いはずです(こういうビデオは先に見せた方がいいです。後で見たら、「リアル」に押し潰されます)。

これは極端な例ですが、この早口を一つ一つ日本語に変換して繋ぎ合わせることが将来できる、という方は、恐らく誰もいないでしょう。そう、そもそもそのやり方は、物理的に太刀打ちできないのです。そう、「聞く・話す」は日本語のルールではなく、「英語のルール」に合わせないといけない。語順を変えるなど、「反則中の反則行為」です。

特に日本語訳形式で壊滅状態になったのは、「聞く」です。本来、「話す」よりも「聞く」の道が絶たれたせいで、日本人は英語のハードルを、必要以上に高くしてしまいました。そのせいで、視聴覚教材が利用できなくなったのです。

そして、「話す」方も、普通の人は英語の話者になれません。というのも、「言語を瞬時に切り替える頭脳」が必要になるからです。

こうして本来、向こうでは5歳児でも英語を話せているのに、この国ではほぼ一部の人しか話者になれていなません。つまり、今までの「学び方」は、「聞く・話す」に向いていないのです。読解(翻訳)専門です。

その証拠に周りを見て下さい、「読める」けど、「話せない」という人が、うじゃうじゃ溢れているでしょう。

そして、そもそもですが、ネイティブは日本語を知らないのですから、日本語訳は本来、英語の習得に必須ではありません。

ではどうやって、英語を覚えていけばいいか。

例えば、“ill”という単語があります。従来の覚え方では、「病気の」と訳すでしょう。こうして日本人はそう、単語帳で覚えますが、もう一つ、「違う覚え方」があります。

それは、これです。

こうして、状況(イメージ)と重ねて、そのまま覚えていけばいい。

もちろん、気持ちが悪いのは分かります。最終的に日本語訳して、意味を抑えたくなるでしょう。大人になればなるほど、ここがうまくいきません。もう、母国語で全てを捉えようと脳が働くからです。

しかし、そこ(日本語訳)に全てをセッティングしてしまうと、「聞く・話す」には、かなり遠回りになってしまうのです。

つまり、聞くときも話すときも全て、「日本語のプラットフォーム」で考えることとなり、いつか言語間の距離の遠さに、限界を感じる時が必ず来ます。そして、何度も「やり直し」が入ります。そもそもですが、英語は日本語で捉えられないのですから。

断言しますが、「英語は訳せればそれでいい」と思った時点で、あなたの英語は世界に向かって花が開くことはないでしょう。

少なくとも、子供に強制させるのは賢明ではありません。通訳や翻訳家になりたい人が、その後でやればいいと思います。そして、和訳を強制させた人は、話者になるまで責任を持つべきです。これはネイティブには、アドバイスしようもないのです。なぜなら、彼らはやったことがないのですから。一秒たりとも。

英会話を勉強していて、スクールに通っていて、「孤独感」に襲われるのは、ほとんどこのせいです。

「絵」に「音」を載せて、「言葉」は生まれる

よく「英語を話せるようになるには、環境次第だ」と言います。だから皆さん、英語を話せるようになるために、この時代でも海外に移り住んでいます。

確かに英語圏には英語が溢れています。たっぷり聞けて、たっぷり話す環境があります。

しかし、誰も見ていない、もう一つ大事な側面があります。

それは、「日本語がない」ということです。

向こうでは、親が絵を指差しながら、”This is a cat.”と教えます。

そして子供はその音を聞き、この絵の名前が”cat”だと理解し、何度も正しい発音を真似します。

単純に「聞く・話せる」というのは、「絵(実物世界)と音のマッチングの積み重ね」です。

「◯◯語だったら」という、多言語への切り替え作業は、本来、必要ありません。

もちろんそれは、日本語の習得も同じだったはずです。

「セミ」「遠い」「鳴く」

すぐにイメージが湧くでしょう。季節も分かるはずです。

「ほら、遠くでセミが鳴いているよ」

こうして、見て、聞いて、「遠く」がどこらへんなのか、「セミ」が何なのか、「鳴く」とはどういうことかを知る。

そして、それを誰かに言う。「遠くでセミが鳴いてたよ」と。綺麗なインプットとアウトプットです。無駄が一切ない。

こうして、「純度100%の日本語」を身につけてきたので、誰もが日本語の習得に成功しました。

後で発音やリスニングやればいいや、後でイメージやればいいや。

日本語なんていつか抜けて、英語ペラペラになるっしょ。

これは実体験上、上手くいきませんでした。恐らくこの境地になるのは、向こうに住み、数年〜数十年くらいの期間は必要になってきます。そして日本語を完全に抜き取ることは、大人になってからでは不可能です。

大人になって、どう頑張っても「ネイティブ発音ができない」、「音が聞けない」、「前置詞や基本的な動詞が使いこなせない」のは、言語習得のプロセスを間違えたから

また、よく聞き流し教材で「赤ちゃんは音から入ったから」と言いますが、それは「音」だけではなかったはずです。しっかり、「絵」もあったのです。だから、赤ちゃんは母国語を理解できるようになりました。

考えてみましょう。聞いたこともない言語を、ただ聞き流していたら。

「ポニャポニャクーマ、クマホータマ」

意味不明すぎます。これでは、何にも理解できません。まるで雑音のように、右から左に流れるでしょう。何十年聞いても、絶対に理解できません。

しかし、そこに絵(状況)があればどうでしょうか。

「ポニャポニャクーマ、クマホータマ」

ポニャがこれで、クマホータマがこういう意味だ」と徐々に推測できるようになるでしょう。母親が言いたいのはこういうことだ、と。あとは、「真似するだけ」で話者になれます。

言語とは、こういう「単語の集合体」なのですから。全てにパーツがあるはずです。

こうした、「実物」と「音」を合わせる作業が言語習得の一歩目です。まず、聞いて、見る。赤ちゃんがしてきたのは、それです。

音だけ聞き流していても、それは「雑音」で終わります。

“apple”という音が単独にあったのではなく、🍎がまず存在し、それを”apple”と呼んできた。言葉の親は、「実物(絵)」である。

「Rosetta Stone」がなぜいいのか

さて、この「 Rosetta Stone」は、絵(写真)と音だけで理解させていく、視聴覚教材です。加えて、発音認識機能もついているので、かなりの優れ物です。「Siriを使ってうまくいかない」、という方は試してみる価値はあります。

日本人は、英語を始める場合、ほぼ全員「紙の教材」を買ってきます。そして、文字から入り、それを日本語訳をし、そこで止めます。

これだと、上で述べた、「実物」と「音」の過程が全くないのです。そして、「日本語訳」で理解している。

言語習得に大事なものが、全て欠けてしまっているのです。

どれだけやり直しをしても、事態が打開できないのは、こうして学校の勉強を延長してしまうからです。

この「Rosetta Stone」は、その「音」と「実物(絵)」を兼ね揃えた、言語習得にはベストな教材です。そして、答えを4択で選んだりして、ゲーム感覚で楽しめます。

加えて、何度も何度も繰り返しできるので、十分に元が取れます。もしも家族で英語に取り組んでいるのであれば、1家に1セットはあってもいいでしょう。

いや、これよりもまだ「英会話スクール」や「オンラインレッスン」の方がいいじゃないか、と思う方もいるかもしれません。

確かにレッスンは生身の人間と掛け合いができ、いい練習にはなります。しかし、それらにはある欠点があるのです。

それは、「反復できない」ということです。

「何となく、楽しかった」で終わってしまう。

こういうレッスンは、時間とお金が無駄に流れていくだけですので、オススメできません。それは私自身、生徒として経験してきたこと、スタッフとして見てきたことですから、よく分かっています。

国内の英会話スクール、オンラインレッスンの失敗組は、「ネイティブと同じ空間にいれば、ペラペラになる」と錯覚しているところにあります。

結局ですが、言葉の習得は「何度も繰り返して口にすること」が大事です。つまり、言った「回数」が必要になってきます。この指示を出せている講師を、私はほぼ見たことがありません。

しかし、この「Rosetta Stone」は一人でできるので、何度も何度も繰り返しできます。相手を気にする必要もない。そのため、この点ではスクールなどを遥かに凌駕します。

特に初心者がスクールなどでレッスンをするのであれば、これを10回繰り返して、音を刷り込んだ方が、遥かに効果があるでしょう。

よければ体験版がネットにあるので、やってみて自分に合いそうだな、と思われたら試してみて下さい。何においても「合う、合わない」があります。

ちなみに私も数年前、英語をやり直した時、半年ほど使いましたが、とても良かったです。これがなければ、私はオンラインレッスンには移れなかったでしょう。

以下、「Rosetta Stone」をオススメしたいのは、こういう方です。

  • 「受験英語(文字学習)」ばかりやってきて、「音」と「絵」を置き去りにしてきてしまった人。
  • 社会人になって、英語をやり直したい人。
  • 英語を学びたいけど、気乗りしない人。学校の英語が嫌いだった人。
  • 「音」と「絵」から、正しいやり方で英語を学びたい学生さん。
  • 家族みんなで英語を学んでいる方。
  • 英会話スクールやオンラインレッスンなどで、全く喋れず、挫折してしまった方。

きっと、今までと全く別感覚で英語を学べると思います。書店で文字だけの便利フレーズ集を買うより、絶対にいいです。どうせ「『英語:日本語』の文字の羅列など、覚えられない」のですから。

また、製品のラインナップは沢山ありますが、「初・中級」「中・上級」がいいと思います。ある程度英語が理解できる方は、「中・上級」からでも大丈夫でしょう。

以下、使用上のコツです。

  • なるべく文字を見ないこと。文字を見れば、訳してしまい、絵(写真)がオマケになってしまいます。そうではなく、絵がメインです。
  • リスニングを鍛えたい人は字幕が出ても、あえて隠し下さい訓練次第で、英語を聞いていると、情景が浮かぶようになってくるはずです。
  • 何度もネイティブ発音に声を合わせてみると効果的です。こんなに英語って速いのか、とリアルに実感できます。合わせることで、テンポも身につきます。恐らく、「最高のシャドーイング素材」です。
  • 問題に合うことが目的ではありません。音と英語を合わせて、口にしていく練習ですので、問題部分でなくても、1パネル1パネル、感覚を合わせるようにして下さい。徐々に「英語の根」が張ってきます。

ただ、このソフトには欠点もあります。

それは文法の解説がない、ということです。もちろん、日本語訳もありません。そのため、この文はなぜこういう構造なのか、が解消できないかもしれません。絵を見て、状況を判断しないといけない。

そのため、そこは自分で解決していく必要があります(そんなに難しい文法はありませんので、ご安心ください。中学卒業レベルで十分です)。

また、単語が分からない場合は、極力英英辞書を使いましょう。別に英和辞書を使っても構いませんが、日本語に訳すことがメインではないことだけはご注意下さい。最終的にはそのシーンを見て、その英語が口に出るかどうかです。

そして、もう一つ付け加えるのであれば、「これだけで自由に話せるようには、絶対にならない」ということです。私は、嘘は言いません。

あくまで「Rosetta Stone」は、英語を「音とイメージ」で捉え直す基礎練習です。

英会話が「サッカーの試合」だとしたら、ランニングやパス練習のようなものです。

結局ですが、自分が英語で表現することは、自分の経験です。今日あったことや、明日やろうと思っていることなどは、そっくりそのままこのソフトには入っていません。

そしてもちろん、それが書かれた表現集などどこにも売っていなく、結局はその場その場で自分で英語で考えながら、言葉を紡いでいく必要があります。今後、無数のパーツを、自分一人の力で集めていく「長い旅」に出ることになります。

言語習得は受験英語とは違い、これ一冊仕上げれば、というものではない。

色んなものに触れ、その都度その都度自分の言語感を育んでいく、植物のようなもの。

英語に限らず、語学は根気のいる作業です。私たちが使っている日本語も、膨大な量の「聞く・話す・読む・書く」のプロセスを踏んできたからです。親、絵本、アニメ、ドラマ、ニュース、お笑い、マンガ、新聞、雑誌、小説・・・そこには「言葉」が溢れていたでしょう。

いい教材に出会い、「言語」として英語を育んでいきましょう。「Rosetta Stone」はその、根っこ作りの作業だと思って下さい。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!