和製英語(工事中)

日本人がよく間違う文章 #2(Answer Key)

管理者

こちらは、「日本人がよく間違う文章 #2」のAnswer Keyです。

覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

Answer Key

This is a park which I used to visit.


ここは私が昔よく訪れた公園だ。
❌「This is a park where I used to visit.」
✅「which」以下の文、「I used to visit」には目的語(O)がありません。そのため、「park」と「I」の間に関係代名詞を入れる必要がありますが、関係代名詞になりえるのは「which」です。「where」は関係副詞になります。
(そのため、「This is a park where I used to go.」ならOKです)

      🔈

If it is fine tomorrow, I will go out with my family.


もしも明日が晴れなら、家族とお出かけしよう。
❌「if it will be tomorrow」
✅たとえ未来のことであっても、「時と条件の副詞節内」では「will」を使わず、現在形で表現します(if/ when/ before/ after/ until/ by the time/ as soon as/ など)

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました