イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
前置詞

【英語】前置詞フラッシュカード(To)Answer Key

こちらは、前置詞「To」のイメージです。

覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Contents

Answer Key

到着

We walk to school together every day.


私たちは、徒歩で通学しています。
▶︎「to」は、「到着」のイメージです。歩いて、学校に到着している。

      🔈

We climbed to the top of the mountain.


私たちは、頂上に到達しました。

      🔈

She’s running to her mother.


彼女は、母の元へ駆けました。

      🔈

The road leads to the mountain.


その道は、山に通じています。

      🔈

受け渡す、届ける

I gave a present to my mother.



母親にプレゼントを渡しました。
▶︎何かを渡すときにも、「to」で繋げます。「相手に届く」イメージ。

      🔈

I sent an e-mail to my co-workers.


メールを、同僚に送りました。

      🔈

I threw a ball to him.



彼にボールを投げました。
▶︎相手に、「渡す」感じです。ここを「to」から「at」に変えると、「ぶつける意味」になります⚠️

      🔈

He’s writing a letter to Santa Claus.


サンタさんに、手紙を書いています。

      🔈

He showed his drawing to his teacher.


彼は、先生に絵を見せました。
▶︎何かを「見せる(show)」には、届ける相手が必要なので、ここも「to」で繋ぎます。

      🔈

She’s introducing her co-worker to the client.


同僚を、クライアントに紹介しました。

      🔈

She spoke to me about the project.


プロジェクトについて、私に話しかけました。
▶︎「speak to…」で、「…に話しかける」意味になります。

      🔈

位置、所在、方向

He asked her to look to her left.


左方向に向くよう、お願いしました。
▶︎「方向性」を表すときにも、「to」が使えます。その方向に「向き合う」ニュアンス。

      🔈

Hokkaido is to the north of Honshu.


北海道は、本州の北にあります。

      🔈

They’re standing back to back.



背中と背中を向き合わせています。
▶︎背中と背中が、「向き合って」います。

      🔈

They’re standing face to face.


顔と顔を向き合わせています。
▶︎「face to face」で、「向き合っている」状態を表現できます。

      🔈

状態に達する、結果

He tore the letter to pieces.


手紙を、ビリビリに破りました。
▶︎「ある状態に達する」ことを、「to」で繋ぎます。
(この場合、「to」の代わりに「into」もよく使います)

      🔈

She’s singing her baby to sleep.


歌って、赤ちゃんを眠りにつかせました。
▶︎「sing someone to sleep」で、「歌って眠りにつかせる」意味になります。

      🔈

接続する、接触する

I tied my dog’s leash to the pole.


犬の手綱を、ポールに繋ぎました。
▶︎「to」は、「到着」のイメージから、何かに「接続する」時にも使えます。

      🔈

They’re dancing cheek to cheek.


頬と頬をくっつけて、踊っています。

      🔈

結びつき

He’s married to my sister.


彼は私の姉(妹)と、結婚しました。
▶︎「to」で、「関係性の結びつき」も表現できます。
▶︎「be married」で、「結婚している」意味です。

      🔈

This is the key to the front door.


この鍵は、表のドアのものです。

      🔈

The answer to your question is no.


その質問に対する答えは、「NO」だ。

      🔈

比較対象

I prefer cats to dogs.


犬よりも、猫が好きだ。
▶︎何かと比べるとき、方向性(…に対して)の感覚が生じますが、これを「to」で繋げます。
▶︎「prefer A to B」で「Bに比べて、Aを好む」意味です。

      🔈

These dogs are similar to each other.


二匹の犬は、お互い似ています。
▶︎「similar to…」で、「…と似ている」意味になります。

      🔈

My shoe is huge compared to this one.


自分の靴はこちらの靴に比べて、とても大きい。
▶︎「be compared to…」で、「…と比べて」の意味です。

      🔈

We won the game one to zero.


「1-0」で、勝ちました。

      🔈

限界点

I have to work from Monday to Friday.


月曜から、金曜まで働かなくてはならない。
▶︎「限界点」も、「to」で表現できます。
▶︎「from … to …」で、「…から…まで」の意味です。

      🔈

He works from nine to five.


9時から、5時までの勤務しています。

      🔈

「特定の時間」に向かって

It’s five to six.


6時まで、あと5分です(5時55分です)
▶︎時刻にも「to」が使えます。「6時に向かって、あと5分」のニュアンス。

      🔈

態度

He’s kind to animals.


彼は、動物に親切です。
▶︎「態度の対象」においても、「to」で繋げます。

      🔈

She’s rude to her boss.


上司に対して、彼女は失礼です。

      🔈

意見、感想

His explanation sounded suspicious to me.


彼の説明が自分にとって、疑わしいものでした。
▶︎「to」で、「…にとって」のニュアンスも表現できます。

      🔈

Their divorce is news to me.


彼らの離婚が、自分には初耳だったようです。
▶︎「…be news to me」で、「自分に初耳です」の意味になります。

      🔈

(音に)合わせて

We’re dancing to the music.


音楽に乗って、踊っています。
▶︎「to」は「向き合う」ニュアンスから、「音に合わせる」意味もあります。

      🔈

He woke up to the sound of birds chirping.


鳥のさえずりに合わせて、目を覚ましました。

      🔈

何かに捧げて

This song is dedicated to my mom.


この歌は、私の母親に捧げます。
▶︎「dedicate」は何かに捧げる意味です。そして捧げるときは、「到着地点の高い方向性」が必要なので、その対象を「to」で繋ぎます。

      🔈

何かを祝して

Let’s raise our glasses and drink to the bride and groom.


グラスを上げて、新郎新婦に乾杯だ。
▶︎「祝杯」をあげるとき、対象が必要ですが、これも「to」の感覚で繋げます。

      🔈

フラッシュカードに挑戦

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードに挑戦です。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!