英語を日本語に切り替えず、そのまま理解する
Answer Keys

【完全保存版】英語 基本動詞「Make」フラッシュカード Answer Key

こちらは基本動詞「Make」のフラッシュカードになります。日本語に置き換えようとせず、そのまま英語で捉えていきましょう。

基本動詞フラッシュカードを使う前に、こちらの「使い方」をお読み下さい。

「make」は、「何かを組み合わせて、作り上げる」イメージです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

【現在進行形】making【過去形】made【過去分詞】made

部品などを組み合わせて、何かを作る

He’s making a wooden table.


テーブルを作っています。こうして、基本的に手で何かを作り上げるイメージです。

      🔈

She makes dresses at work.


同じ感覚です。

      🔈

He’s making salad for dinner.


同じです。そして、よくあるミスなのですが、「cook salad」はNGです⚠️というのも、「cook」は加熱処理が入るからです。stove(コンロ)などの上で料理するイメージです。そのため、お寿司もフルーチェも「cook」ではなく、「make」します。

      🔈

He’s cooking vegetables for dinner.


これが「cook」のイメージです。

      🔈

This rug is made in China.


よくある「made in…」です。中国製です。

      🔈

The chair is made of wood.


これは素材を表しています。「of」は「分離」のイメージです。見ると、素材が剥き出しです。そのまま加工を加えず、作られた場合は「be made of…」を使います。

      🔈

The basin is made of glass.


こちらもガラス素材をそのまま使っています。そのため、「be made of…」で表現できます。

      🔈

Cheese is made from milk.


ただ、チーズは違います。ミルクをそのまま分離したわけではなく、加工して、チーズに作り変えました。こうした、「生成の過程」を含む場合は「from」を使います。

      🔈

Wine is made from grapes.


チーズと同じです。「生成の過程」が挟まっていますので、「from」を使います。

      🔈

I make her coffee every morning.


「make 人 something」で、「…に〜をmakeする」を表現できます。こうした「語順」で意味を伝えるのは、日本人にとっては苦手です。イメージと合わせて口頭練習をして、慣れましょう。また、この場合「I make coffee for her every morning.」と言い換えることも可能です。

      🔈

I made her breakfast this morning.


構成は同じです。

      🔈

物理的なもの以外を「make」する

They made a big mistake at work.


「make」は物理的なものだけではなく、目に見えないものも「make」します。まずは、「mistake」です。「make a mistake」で間違いを犯す意味。

      🔈

The boy is making a noise in the kitchen.


⤴️
「noise」(騒音)も「make」できます。「make a noise」で騒音を立てる意味。

      🔈

I tried to make a good impression on the interviewer.


⤴️
「impression」(印象)も「make」できます。「make a good impression」で、好印象を与える意味。

      🔈

 順次、少しずつ更新予定です。

フラッシュカードに挑戦

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードに挑戦です。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!