基本動詞(工事中)

【英語】基本動詞「Keep」の使い方(Answer Key)

管理者

こちらは、「Keep」の動詞フラッシュカードのAnswer Keyです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Contents
  1. Answer Key
    1. 保管する、取っておく
    2. 状態を保つ
    3. (特定の場所に)入れておく、拘束する
    4. (断続的に)〜し続ける
    5. 約束を守る、秘密を守る
    6. (特定の場所に)入れておく、保管しておく
    7. 日持ちする、新鮮な状態を保つ
    8. 記録をとる
    9. 面倒を見る、飼っている
  2. フラッシュカードで口頭練習
【無料体験可!】「英文法」もしっかり学べる英会話【広告】

Answer Key

【三単現S】keeps【現在進行形】keeping【過去形】kept【過去分詞】kept

保管する、取っておく

I keep all the letters from my girlfriend.


恋人からの手紙は、全部取っています。
▶︎「keep」は「何かを長い間保つ」動詞です。よく「保管する、取っておく」意味で使われます。
(似た意味の「hold」は、「一時的に手でおさえる」動詞)

      🔈

We should always keep backups of the important files.


大事なファイルのバックアップは、いつも取っておかないといけない。

      🔈

Keep the change.


お釣りは取っておいて。
▶︎「Keep the change.」で「お釣りは取っておいていいよ」の定番フレーズです。

      🔈

状態を保つ

She likes to keep busy.


忙しくしているのが好きです。
▶︎「keep+状態」で「その状態を保つ」意味です。

      🔈

We huddled together to keep warm.


温かさを保つために、寄り添い(huddle)ました。

      🔈

Keep quiet for a while.


ちょっとの間、静かにしていて。

      🔈

The dog kept still during the bath.


洗っている間、その犬はじっとしていました。
▶︎「still」は「静止した」状態を表します。

      🔈

The notice says “Keep off the grass”.


その注意書きは、「芝生に入るな」と言っています。
▶︎「接触(on)するな」のニュアンスなので、「off」を使います。

      🔈

Keep to the right.


右側に寄っていなさい。

      🔈

I try to keep in touch with my friends on social media.


SNSで友達と連絡を取り合うようにしています。
(「SNS」は英語では「social media」と言います⚠️)
▶︎「keep in touch」で「連絡を取り合う」意味になります。

      🔈

Please keep the door open.


ドアを開けたままたにしておいて下さい。
(ドアが開いている状態は「The door is open.」です。「The door is opening.」とは言いません。そう言うと、ドアが開きつつある意味になります)
▶︎ちなみに「keep」の代わりに「hold」を使うと、閉まらないように一時的に手でおさえるニュアンスになります。

      🔈

Keep both hands on the steering wheel.


両手をハンドルの上に載せたままにしておきなさい。
(「車のハンドル」は「steering wheel」と言います⚠️)

      🔈

She kept the children amused for hours.


子供たちを何時間も遊びに夢中にさせました。

      🔈

She keeps herself fit by exercising.


運動で彼女は体型維持ができています。
▶︎「fit」は運動などによって「体型を維持すること」を表します。

      🔈

(特定の場所に)入れておく、拘束する

The doctor kept me in the hospital for further tests.


その医者は他の検査のために、自分にまだ入院させました。
▶︎「keep」は「特定の場所に入れておく」意味があります。

      🔈

The prisoner was kept in jail for 6 months.


6ヶ月間、その受刑者は刑務所に拘束されました。

      🔈

(断続的に)〜し続ける

Keep smiling!


笑顔のままでいて。
▶︎「keep+…ing」で「…し続ける」意味になります。

      🔈

I’m really sorry to keep you waiting.


ずっと待たせておいて、ごめんなさい。

      🔈

It kept raining all day.


一日中、ずっと降り続いている。

      🔈

The teacher asked them to be quiet, but they just kept on talking.


静かにしているよう言ったのに、ずっと喋り続けていました。
▶︎このように「keep on …ing」の形を取ることもあります。

      🔈

Don’t keep on interrupting me!


邪魔し続けないで。

      🔈

約束を守る、秘密を守る

He promised to give her a ring and he kept that promise.


指輪をあげる約束をしていて、その約束を守りました。
▶︎「keep a promise」で「約束を守る」意味です。

      🔈

He failed to keep his dentist appointment.


歯医者の予約をしていましたが、守れませんでした。
▶︎「fail to do…」で「…することを失敗する」意味です。

      🔈

Can you keep a secret?


秘密を守れる?
▶︎「keep a secret」で「秘密を守る」意味です。

      🔈

(特定の場所に)入れておく、保管しておく

I keep my socks in the drawer.


靴下を、引き出しの中にいつも入れています。
▶︎「keep」は「(特定の場所に)保管しておく」意味でも使います。

      🔈

He keeps his wallet in his jacket.


ジャケットに財布をいつも入れています。

      🔈

Keep your passport in a safe place.


安全な場所にパスポートを入れておきなさい。

      🔈

We’ll keep the ticket for you until this weekend.


今週末までチケットを取り置きしておきます。

      🔈

We already ate most of the pizza and we’ll keep the rest for later.


ほとんど食べたけど、残りは後で食べるように取っておこう。
▶︎「keep」で「今は使わない(食べない)で、後に使う(食べる)ように取っておく」意味もあります。

      🔈

日持ちする、新鮮な状態を保つ

Carrots and potatoes keep well.


ニンジンとジャガイモは日持ちします。
▶︎「keep」は「状態を保つ」意味から、「日持ちがいい」ことも表現できます。

      🔈

French fries don’t keep well and should be eaten right away.


フライドポテトは日持ちしないので、すぐに食べないといけません。

      🔈

記録をとる

I’ve kept a diary for ten years.


10年間、日記をつけ続けています。
▶︎「keep a diary」で「日記をつける」意味です。

      🔈

We have to keep medical records for all patients.


全ての患者さんにカルテを残しておかないといけません。

      🔈

面倒を見る、飼っている

I keep a garden with a lot of flowers.


沢山の花に溢れた庭園を所有しています。
▶︎「keep」で「(所有しているものの)面倒を見る」意味もあります。

      🔈

I keep chickens on my farm.


農園で鶏を飼育しています。

      🔈

We are not allowed to keep pets in our apartment.


このアパートではペットは飼ってはいけないことになっています。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました