「絵×音×口頭反復練習」で英語話者の道へ
Answer Keys

名詞フラッシュカード(Countries)Answer Key

こちらは「Countries」のAnswer Keyです。英語のまま捉えられるように、なるべく日本語訳を抜いています。

「上が国名」で、「下が国民名」です。

ちなみに「国民名」が分からなかった場合、「from」が有効的に使えます。例えば、「people from New Zealand」で、国民名の「Kiwi」を表現できます。

また、フラッシュカードを使う前に、こちらの「使い方」をお読み下さい。

まずは「国旗」を見て、「国名」を言いましょう。その後、「人」を見て、「国民の名称」を言ってみて下さい。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Contents

Answer Key

North America

the United States of America【ðə juˌnaɪtɪd ˌsteɪts əv əˈmerɪkə】
/the USA【ðə juː es ˈeɪ】(”the US”とも略せる)
American【əˈmerɪkən】

Canada【ˈkænədə】
Canadian【kəˈneɪdiən】

Mexico【ˈmeksɪkoʊ】
Mexican【ˈmeksɪkən】

South America

Brazil【brəˈzɪl】
Brazilian【brəˈzɪliən】

Argentina【ˌɑːrdʒənˈtiːnə】
Argentinian【ˌɑːrdʒənˈtɪniən】

Europe

the United Kingdom【ðə juˌnaɪtɪd ˈkɪŋdəm】/the UK【ðə ˌjuː ˈkeɪ】
British【ˈbrɪtɪʃ】

France【fræns】
French【frentʃ】

Spain【speɪn】
Spanish【ˈspænɪʃ】

Portugal【ˈpɔːrtʃʊɡl】
Portuguese【ˌpɔːrtʃuˈɡiːz】

Germany【ˈdʒɜːrməni】
German【ˈdʒɜːrmən】

the Netherlands【ðə ˈneðərləndz】
Dutch【dʌtʃ】


オランダ
▶️よくあるフレーズで「Let’s go Dutch.」は「割り勘しよう」の意味

Italy【ˈɪtəli】
Italian【ɪˈtæliən】

Poland【ˈpoʊlənd】
Polish【ˈpoʊlɪʃ】

Greece【ɡriːs】
Greek【ɡriːk】

Turkey【ˈtɜːrki】
Turkish【ˈtɜːrkɪʃ】

Russia【ˈrʌʃə】
Russian【ˈrʌʃn】

Asia

Japan【dʒəˈpæn】
Japanese【ˌdʒæpəˈniːz】

South Korea【saʊθ kəˈriə】
South Korean【ˌsaʊθ kəˈriən】

China【tʃaɪnə】
Chinese【ˌtʃaɪˈniːz】


▶️Chinese【ˌtʃaɪˈniːz】

Mongolia【mɑːŋˈɡoʊliə】
Mongolian【mɑːŋˈɡoʊliən】

the Philippines【ðə ˈfɪlɪpiːnz】
Filipino【ˌfɪlɪˈpiːnoʊ

Singapore【ˈsɪŋɡəpɔːr】
Singaporean【ˌsɪŋəˈpɔːriən】

Thailand【ˈtaɪlænd】
Thai【taɪ】

India【ˈɪndijə】
Indian【ˈɪndiən】

Pakistan【ˌpækɪˈstæn】
Pakistani【ˌpækɪˈstɑːni】

Africa

Egypt【ˈiːdʒɪpt】
Egyptian【iˈdʒɪpʃn】

South Africa【saʊθ ˈæfrɪkə】
South African【saʊθ ˈæfrɪkən】

Oceania

Australia【ɒˈstreɪliə】
Aussie【ˈɔːzi】

New Zealand【ˌnuː ˈziːlənd】
Kiwi【ˈkiːwi】

フラッシュカードに挑戦

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードに挑戦です。

  1. 絵と一緒に、何度も発音して覚える。
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
  3. 出てくる絵に合わせて、最低でも2回繰り返して声に出して、言う。
  4. 慣れてきたら、画面を再度読み込んで、順番を変える。
  5. 1日時間を決めて、何度も何度もトライする。
  6. 実生活にそれが見えたら、何度もその英語を言う。

また、発音が分からなければ、電子辞書などで実際の音を聞いてみて下さい。ただ、発音はしっかりと勉強した方がいいので、こちらの松井博先生の書籍をお勧めします。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!