不定詞と動名詞

「私の趣味は写真を撮ることです」を英語にすると?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

My hobby is ____ pictures.
(私の趣味は写真を撮ることです)

A)taking B) to take

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「to do…」と「…ing」の感覚の違い

まず、「写真を撮る」行為は「take pictures」で表現できます。

そしてこれを「写真を撮ること」と名詞にするには、「to take pictures」「taking pictures」の二通りの表現方法があります。

学校では「どちらも同じ」と習った方も多いとは思いますが、もちろん両者には違いがあり、場面によって使い分けないといけません

まず、「to do …」「これから行う」ことに使います。よく「未来志向」と説明されますが、よくある例は「want to …(…したい)」の場面です。

未来志向の「to do …」の例文

Someday I want to study abroad.
(いつか私は留学したい)

もちろんこれは、「I want studying abroad.」とは言えません。というのも、まだ留学はしておらず、これからのことのため、「to do …」を使います。

一方、「…ing」形は「もう既に行われている」ニュアンスです。

既に行われている感覚の「…ing」の例文

The rich enjoy traveling around the world.
(富裕層は世界中を旅することを楽しんでいる)

今の場合、行為はもう行われています。というのも、行われていなければ楽しめようもないからです。そのため、「enjoy」の後は「…ing」形になります

このように、「to do」と「…ing」はニュアンスに違いがあります。これから行うのか、それとももう行われているのか。

そして「趣味」は、「もう行われているもの」の感覚になります(そもそも行われていなければ、趣味になりようもありません)

そのため、答えはこうなります。

A)taking

My hobby is taking pictures.
(私の趣味は写真を撮ることです)

「(将来の)夢」に関しては「to do …」で表現する

一方、「私の夢は…することです」の場合は「to do …」で表現します。

「My dream is to do …」の例文

My dream is to become a scientist.
(僕の将来の夢は科学者になることです)

当然ですが、将来の夢は「これから成し遂げるもの」です。そのため、夢は「to do …」で繋ぐのが、ピッタリな感覚になります。

このように「趣味は…することです」「夢は…することです」と、日本語であれば感覚は変わりませんが、英語には違いがあります

ニュアンスを大事にしつつ、英文を作っていきましょう。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました