時制

「〜出身」は現在形で表す?過去形で表す?

管理者

【無料体験アリ!】オンライン英会話はここから【広告】

I ____ from Tokyo.
(私は東京出身です)

A)come B)came

【無料体験アリ!】2月のお得なキャンペーン【広告】

「現在形」は現在を表すわけではない?

「名称」に釣られて、本質を取り違えることがよくあります。

例えばこれは私の実体験ですが、その昔、外国人に道を聞かれたことがあり、本来であれば、「Keep going straight and turn right at the corner.(このまま真っ直ぐ進んで、角を右に曲がって下さい)などと言えばいいところを、Please keep going straight and please turn right at the corner.」と、「please」を挟んでしまいました。

もちろん間違いではないのですが、「please」をつけると「お願い」になり「どうか真っ直ぐ進んで下さい、そしてお願いですから、右に曲がってもらえますか?」というニュアンスになってしまいます。

もちろん道を教えるのに、ここまでお願いベースになる必要は全くありません。

ではなぜ、私は「please」を付けてしまったのか。それは、動詞の原型から始まるものは「命令形」だと習ったからです。

つまり、「please」を付けなければ、「真っ直ぐ突き進め、そして角を右に曲がれ!」という命令形の口調になってしまうのかもしれない、と不安になってしまったわけです。

これは「命令形」という名称から、本質を見誤った事例の一つです。この場合、命令形であっても何ら失礼ではなく、むしろ「please」をつけると変なのです。

それと同様に、「現在形」という言葉も、見誤りやすい文法用語の一つです。

そう、「現在」と言いながらも、「過去」や「未来」も含んでしまうのが、「現在形」の正しいニュアンスです。

例えば、「I smoke.」という文章があったとしましょう。

「smoke」は「タバコを吸う」という意味の動詞ですが、この場合「現在形」であるため、「私はタバコを吸っている」と、今まさに吸っているような印象を受けますが、ニュアンスとしては「タバコを吸う習慣がある」です

そのため、過去の段階でもちろんタバコを吸っていますし、今も辞めていませんし、これからも吸い続けるニュアンスがあります。

このように現在形は「ズッシリとした、過去・現在・未来」を含んだ時制になります。

「現在形」のニュアンス

He smokes.
(彼はタバコを吸います=吸う習慣があります)

もちろん、「今現在吸っている」ということを表現したいのであれば、「He’s smoking.」と現在進行形を使います。

ただ逆に言うと、「He’s smoking.」は今吸っているだけで、それが初めてかもしれませんし、これ一回限りかもしれません。つまり、喫煙する習慣があるかどうかは判断できないのです。

そしてこれと似た例で、現在形には「普遍の真理」という概念があります。いついかなる時も必ず起こる現象は「現在形」で表す、というものです。

現在形の「普遍の真理」

The sun sets in the west.
(太陽は西に沈む)

ニュアンスは同じですね。過去も今も未来も、いついかなる時も、太陽は西に沈みます。

このようにいつも変わらない事象を伝えたい場合は、現在形の出番となります。

最後にクイズの答えですが、こうなります。

A)come

I come from Tokyo.
(私は東京出身です)

なぜ現在形を使うのかというと、「出身」というものは人生のどこをとっても変わらない事実だから、です。時に左右されない、ズッシリとした感覚。

これをもしも過去形の「came」で表現してしまうと、「今、東京からやってきたんだ」のニュアンスとなり、「ちょっと前に東京にいたこと」を表してしまいます。

そのため、出身を尋ねるのであれば、「Where did you come from?」ではなく、「Where do you come from?」と聞きましょう。

ちなみにこの場合、「come」を使わず、「be動詞」でもよく表現します。「Where are you from?」(出身はどちらですか?)「I’m from Tokyo.」(東京出身です)

現在形の例文を幾つか紹介します。

  • He rarely gets up before noon.
    (彼は昼前に起きることはほとんどない)
  • The earth turns round the sun.
    (地球は太陽の周りを回っている)
  •  The road runs parallel with the railway.
    (その道は線路と並行して走っている)

以上、「現在形」のニュアンスについて、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました