和製英語

よく間違う前置詞(Prepositions)Answer Key

こちらは、よく間違う前置詞(Prepositions)のAnswer Keyです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

The sun rises in the east.


陽が東から昇る。
✅東の地方で「rise」するので、「in」の感覚です⚠️

      🔈

The party starts at 8 p.m.


パーティは8時から始まる。
✅「start」するのは「8時」という「地点」なので、「at」の感覚になります⚠️
(「from」を使う場合は、終わりの地点も表さないといけないので、「The party goes from 8 p.m. to 10 p.m.」としないといけません)

      🔈

Our school begins in April.


学校は4月に始まります。
✅「月」は「in」の感覚になります。
(「from」を使う場合は、「Our school begins from April and goes until May」などにしないといけません)

      🔈

She’s in the front of the bus.


彼女はバスの前の方にいます。
✅これを「She’s in front of the bus.」にすると、バスの前にいることになります⚠️
(「in the front of …/(…の内側、中側にある)最前部で」「in front of …/(…の外側にある)前で」の意味になります)

      🔈

The article is in the paper today.


その記事が今日の新聞に載っている。
✅出版物に載っている場合は「on」ではなく、「in a book/magazine」などと「in」で表現します。ただし、「page」であれば「on」で表現します(Ex.Her picture is on page 47 of the magazine.)

      🔈

Karen is the oldest of the three.


カレンは三人の中で、一番年上だ。
⚠️「in the three」にしないよう、注意です。
✅「of」は比べる人や物そのものに意識が向いている時に使い、後ろには「the + 数字」「複数を表す名詞」が来ます。
✅一方、「in」は比べる範囲を意識する時に使い、後ろには「class」「country」「family」などのような、場所や範囲を表すものが来ます。

      🔈

He’s holding an umbrella over her head.


彼は彼女の真上に傘を持っている。
⚠️「above her head」よりも、「over her head」の感覚になります。
✅傘のように真上を覆う場合は「over」の方が適切です。一方、「above」はただその位置よりも高いというだけで、別に真上でなくても構いません。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
なぜ日本人は何度も英語をやり直し続けているのか?


文庫本は完売しました。
まだの方は【電子書籍版】でお読み下さい。