和製英語

【和製英語】よく間違う形容詞(Adjectives)Answer Key

こちらは、和製英語「形容詞(Adjectives)」のAnswer Keyです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

excited【ɪkˈsaɪtɪd】


×ハイテンション
✅「tension」は「緊張」の意味です。そのため、「ハイテンション」は何かがピンと張り詰めた意味になってしまい、全く意味が通じません⚠️
Ex) They’re excited.

      🔈

a heartwarming movie【ˈhɑːrt wɔːrmɪŋ】


×「ハートフル」という言葉は英語に存在しません。完全な和製英語です🙅‍♀️

      🔈

smart【smɑːrt】


✅「smart」は痩せている意味ではなく、「頭がいい、賢い」イメージです⚠️
(痩せている場合は、「thin」や「slim」などを使います)
Ex) He’s really smart.

      🔈

slim【slɪm】


×スマート
✅この場合、「slim」などを使います。
Ex) She’s very slim.

      🔈

thick【θɪk】


×ボリューミー
✅「volumy」という単語自体、英語にはありません⚠️
(「voluminous」という単語はありますが、あまり使われていません)
✅もしもステーキであれば、「thick」などで「厚さ」を表現できます。
Ex) The steak is thick.

      🔈

tough【tʌf】


:difficult to cut or bite on
×hard
✅「tough」は「頑丈さ」を表す形容詞で、肉やステーキなどに用いた場合、「硬い、なかなか噛みちぎれない」意味になります。ちなみに肉などの場合、「hard」は使えません(「hard」だとガチガチで、歯すら通らないようなイメージになってしまいます)
✅また、肉やステーキが柔らかい場合は、形容詞は「tender」を使います。
Ex) This steak is too tough.

      🔈

energetic【ˌenərˈdʒetɪk】


:having or needing a lot of energy and enthusiasm
×エネルギッシュ
(「エネルギッシュ」という英単語は存在しません。完全な和製英語です⚠️)
✅この場合、「She’s full of energy.」とも表現できます。
Ex) The woman is energetic.

      🔈

comfortable【ˈkʌmfərtəbl】


:making you feel physically relaxed; pleasant to wear, sit on, etc.
×リラクシー
(「リラクシー」という単語は存在しません⚠️)
✅この場合、「comfortable」などで表現できます。
(略して、よく「comfy」とも言います)
Ex) This chair is comfortable.

      🔈

casual【ˈkæʒuəl】


:not formal
×「ラフなTシャツ」とは言いません⚠️
✅この場合、「casual」で表現します。
Ex) He’s wearing a casual T-shirt.

      🔈

assertive【əˈsɜːrtɪv】


:expressing opinions or desires strongly and with confidence, so that people take notice
×「aggressive」
✅日本では「アグレッシブ=積極的な」というポジティブな意味で使われますが、「aggressive」は「攻撃的な、ケンカ腰の」というニュアンスがありますので、注意です。
✅そしてこの場合、「assertive」という単語が使えます。自分の主張を自信を持って、しっかり伝えるような意味で、日本語の「積極的な」にぴったりです。そのため、「もっと挑戦して、もっと積極的に」というアドバイスをかけるなら、「You should try and be more assertive.」で表現できます。
Ex) She’s an assertive person.

      🔈

classical【ˈklæsɪkl】


classical music
:music written in a Western musical tradition, usually using an established form (for example a symphony). Classical music is generally considered to be serious and to have a lasting value
⚠️日本人がよく言う「クラシック音楽」は「classical music」のことです。「classical music」は、ベートーベンやモーツァルトなどヨーロッパに代表される伝統的な古典音楽のこと。「クラシックバレエ」も、正しくは「classical ballet」です。
✅一方、「classic」は「最高級の」という意味で、「a classic movie」だと「名画」、「a classic car」だと「名車」になります。
Ex) I like classical music.

      🔈

low【ləʊ】


×「My salary is very cheap.」
✅「私の給料はとても安い」から直訳して、「cheap」を使いがちですが、「salary」は「high(高い)/ low(低い)」で表現します。
(そもそも「expensive / cheap」には「値段が高い、安い」という意味合いが初めから入っており、品物などには使えるものの、給料などの「値段」と呼べないものには「high/low」で表現します)
Ex) My salary is very low.

      🔈

large【lɑːrdʒ】


×「How much/many is the population of Japan?」ではなく、「How large is the population of Japan?」と尋ねます。
✅「population(人口)」が「多い/少ない」は、「large/small」を使います。
Ex) How large is the population of Japan?

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
なぜ日本人は何度も英語をやり直し続けているのか?


文庫本は完売しました。
まだの方は【電子書籍版】でお読み下さい。