「絵×音×口頭反復練習」で英語話者の道へ
Answer Keys

永久保存版【英語】時計の読み方フラッシュカード(Time)Answer Key

こちらは「Time」に関するフラッシュカードのAnswer Keyです。

言えるようになったら、フラッシュカードで口頭練習をしましょう。

「時計の読み方」に入る前に

さて、今回の「時計の読み方」に入る前に一度、数字の読み方、「morning」や「noon」などの一日の時間の捉え方、そして時計の種類を復習しておきましょう。

基本的な知識

次に、基本的な知識に移ります。時刻を読む前に、こちらをおさえて下さい。

さて、「時刻を伝える」ということは、「時を刻んでいるもの」を読む、ということです。つまり、「時計を読み上げている」と考えます。

そして、時計には大きく2種類があります。デジタルとアナログです。双方の捉え方により、ここでは「2種類の言い方」を使えるようにします。

「デジタル」な読み方

まずはデジタル時計的な読み方にいきましょう。

これは、簡単です。そのまま「時:分」の順番で読み上げる感じです。

これが一番シンプルです。ただ、英語は日本語と違って、「主語・動詞」で始まる言葉ですので、主語「it」から始めます。もちろんbe動詞は「is(was)」になります。

それでは色々と、パターンを見ていきましょう。

「o’clock」の使い方

これは日本人によくあるミスですが、「It’s two o’clock thirty.」とは言いません。「o’clock」が使えるのは、「○時ジャスト」の時のみです。

そう、こうなった場合のみになります。

そして、別に「o’clock」はつけないといけないわけではありません。「It’s three.」だけでも大丈夫です。

12時になった時

この場合、もちろん「It’s twelve o’clock.」でも構いませんが、正午の「noon」や夜の12時の「midnight」が使えます。

「分」が10未満の時

この場合、「oh-three」というように、「0」の部分は「oh」と書き、「オウ」と発音します。「ゼロ」ではありません。

続いて、「実際の時計」を見ながら、感覚を養っていきましょう。

例題

例題1


It’s ten twenty-three.
▶️数字をそのまま、読み上げる感じで

例題2


It’s seven o’clock.
▶️「7時ジャスト」なので、この場合は「o’clock」が使えます

例題3


It’s twelve oh-five.

後でフラッシュカードで、何度も口頭練習をして、慣れていきましょう。

「アナログ」な読み方

さて、日本語でも、「3分経ったよ、1時から」「あと3分で1時だよ」と言ったりするように、英語にも同じ読み方があります。つまり、まず、「分」に注目する感じです。

そして、英語の世界では、時間をこのように考えます。

「〜過ぎ(過去)」が「past」、「〜まであと(未来)」が「to」に当たります。

例えば「1時45分」の場合、「1時から45分過ぎた」とは思わないでしょう。「2時まであと15分」と考えるのが普通です。半分を過ぎると、次の時間に注目します。

そして、1時間を4つに切ります。「15分」、つまり1時間の4分の1が「quarter」、「30分」が「half」です。

またパターンを通して、馴染んでいきましょう。

「past」の場合

「分」を先に見ましょう。まずは、「It’s three」と組み立てます。そして、その後に「過ぎたよ、1時をね」と考え、「past three」を付け足します。

「15分」の時

「4分の1過ぎたよ」と考えます。

「30分」の時

「半分過ぎたよ」と考えます。

「45分」の時

「あと15分(4分の1)だよ」と考えます。そして、次の時間を見ています。

次の時間まで、「あと5分」と考えます。またこの場合ですが、「it’s almost two o’clock.」とも表現できます。

それではまた、「実際の時計」を見ながら、感覚を養いましょう。

例題

例題1


It’s ten past ten.
▶️まず、「分針」を読み上げて、「past」か「to」を考えます。またこの場合、もちろん「It’s ten ten.」でもOKです。

例題2


It’s (a) quarter past ten.
▶️「It’s ten fifteen.」でもOKです。

例題3


It’s half past eleven.
▶️「It’s eleven thirty.」でもOKです。

例題4


It’s (a) quarter to seven a.m.
▶️「a.m./p.m.」情報は、最後につけられます。また、この場合「It’s six forty-five.」でもOKです。

例題5


It’s three to twelve o’clock.
▶️「twelve o’clock」の代わりに、「noon/midnight」も使えます。また、「It’s eleven fifty-seven.」でもOKです。

例題6


It’s 7 o’clock.
▶️もちろん、分針と時針が揃えば、これしかありません。また、「○時ピッタリ」の時、「sharp」「on the dot」などを付け加えて、「ピッタリ」感を強調することがよくあります。
Ex)It’s seven o’clock sharp(on the dot).

例題7


The alarm clock went off at four o’clock.
▶️そして、そのまま他の「主語・動詞」などと絡めて、表現を積み重ねていきましょう。目覚まし時計が鳴るのは「go off」で表現します。また、時の一点を伝えるときは、前置詞「at」で繋ぎます。

単語や文法など、全てがどこかで繋がってくるはずですので、諦めずに長く続けていきましょう。

フラッシュカードに挑戦

一通り言えるようになったら、フラッシュカードに移りましょう。

初めはなかなか言えないかもしれませんが、口にすればするほど楽になっていくはずです。とにかく言い慣れて、英語を日常に落としていきましょう。

  1. 絵と一緒に、何度も発音して覚える。
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
  3. 出てくる絵に合わせて、最低でも2回繰り返して声に出して、言う。
  4. 慣れてきたら、画面を再度読み込んで、順番を変える。
  5. 1日時間を決めて、何度も何度もトライする。
  6. 実生活に当てはめて、「今の時間」を意識し、何度も口にしてみる。

また、発音が分からなければ、電子辞書などで実際の音を聞いてみて下さい。ただ、発音はしっかりと勉強した方がいいので、こちらの松井博先生の書籍をお勧めします。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!