「絵×音×口頭反復練習」で英語話者の道へ
Answer Keys

動詞フラッシュカード(Study)Answer Key

こちらは、「Study」の動詞フラッシュカードのAnswer Keyです。目的語まで口に出して覚えていきましょう。あくまで日本語は補助程度です。イメージで覚えて下さい。

また、動詞フラッシュカードを使う前に、こちらの「使い方」をお読み下さい。


 “take a picture”と何度も言って覚えて、型をつける。また、フラッシュカードには、Subtitle付き、Blank付きも用意しています。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

新着動詞

take the bus to school


バスで通学する
Ex)We take the bus to school every day.

take an exam


テストを受ける
▶️「take」のニュアンス
Ex)He’s taking an exam in the classroom.

cheat on an exam


カンニングをする
▶️「カンニング」は和製英語です⚠️「cheat」する、と考えます。浮気も「cheat」です。
cheat
:to break a rule or law usually to gain an advantage at something
ズルをする感じ
Ex)He cheated on the exam.

grade an exam


採点をする
▶️「grade」で、評価をする動詞
Ex)She’s grading the exam.

click a mechanical pencil


シャーペンをカチッとする
▶️「click」はカチッと音を出す動詞。マウスのクリックと同じ感覚。もちろんシャーペンだけではなく、ボールペンやフリクションなども「click」します。
Ex)I clicked my mechanical pencil.

Answer key

raise my hand


手を挙げる
Ex)She raised her hand in the classroom.

look up the word in the dictionary


辞書で単語を調べる
▶️「look up」で調べる意味。また、辞書の中にある(in)と考えます。
Ex)I looked up the word in the dictionary.

circle the answer


答えを丸で囲む
Ex)I circled the answer.

mark the answers


答えをマークする
Ex)I marked the answers.

underline the word


アンダーラインを引く
Ex)I underlined the words.

highlight the word


蛍光ペンでマークする
▶️蛍光ペンは「highlighter」
Ex)I highlighted the word “idea”.

cross out the word


斜線(バツ)を引く
▶️「cross」は十字の意味。バツをして、外に出す感じ。
Ex)I crossed out the word “failure.”

choose the correct answer


正しい答えを選ぶ
Ex)I chose the correct answer.

fill in the blank


空欄を埋める
▶️空欄は「blank」
Ex)I filled in the blank.

erase the blackboard


黒板を消す
▶️この場合、「erase the words/answer/problem」などでもOK。
Ex)She’s erasing the blackboard.

go to school


登校する
Ex)I always go to school with my sister.

do my homework


宿題をする
Ex)I did my homework in the evening.

solve a problem


問題を解く
▶️この場合は「question」ではなく、「problem」を使います。
Ex)She’s solving a problem.

fall asleep


眠りに落ちる、居眠りする
Ex)She fell asleep while studying.

フラッシュカードに挑戦

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードに挑戦です。

  1. 絵と一緒に、何度も発音して覚える。
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
  3. 出てくる絵に合わせて、最低でも2回繰り返して声に出して、言う。
  4. 慣れてきたら、画面を再度読み込んで、順番を変える。
  5. 1日時間を決めて、何度も何度もトライする。
  6. 実生活にそれをしたら、何度もその英語を言う。

また、発音が分からなければ、電子辞書などで実際の音を聞いてみて下さい。ただ、発音はしっかりと勉強した方がいいので、こちらの松井博先生の書籍をお勧めします。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!