日本語に切り替えず、英語のまま理解する
Answer Keys

【英語】動詞「See/Look/Watch」フラッシュカード Answer Key

こちらは動詞「See/Look/Watch」のフラッシュカードになります。日本語に置き換えようとせず、そのまま英語で捉えていきましょう。

基本動詞フラッシュカードを使う前に、こちらの「使い方」をお読み下さい。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

「See」のAnswer Key

【現在進行形】seeing【過去形】saw【過去分詞】seen

視界に入る、気付く

I can see my breath.


「see」は、「視界に入る」意味です。息が視界に入りました。これで「see」したことになります。一方、「look」はそれに目を向ける動作で、「watch」はそれを一定時間じっと見る行為になります。
▶️「see, look, watch」の違い

      🔈

It’s so dark that I can’t see anything.


さて、暗くて視界に入りません。目に像が届かない。この状況が「can’t see」になります。この場合、「see」の代わりに「look」や「watch」は使えません。

      🔈

I can’t see anything without my glasses.


同じです。視界に何も入ってこない。
▶️前置詞「without」の使い方

      🔈

I can’t see through the foggy window.


⤴️
同じです。見通せない状態です。また、曇った窓は「foggy window」で表現できます。「cloudy」とは言いません。
▶️前置詞「through」の使い方

      🔈

Let me see what you’re looking at.


⤴️
「let me see …」で「…を見せて」の意味になります。視界に入れさせて、と許可を取る感じです。ただ、彼の方は意識して、視線をケータイに向けています。そのため、彼は「look at」です。

      🔈

I saw my boyfriend talking with my friend.


⤴️⤴️
「彼氏が友達と一緒にいるところ」が、視界に入りました。「see someone/something doing something」で、「誰かや何かが〜しているところを見る」意味になります。

      🔈

This is the most beautiful scenery I’ve ever seen.


今まで視界に入れてきた中で、一番美しい情景のようです。この場合、現在完了形を使います。

      🔈

It’s nice to see you again.


⤴️
初対面の場合は「meet」を使います。そのため「Nice to meet you.」となります。しかし、一度会えば、二回目に視界に入った時に、お互いを認識し、「会う」意味にもなります。二回目に会った(視界に入った)場合は「It’s nice to see you again.」となります。

      🔈

Seeing is believing.


:used to say that somebody will have to believe that something is true when they see it, although they do not think it is true now
「自分の目で見れば、信じることができる」というイディオムです。

      🔈

分かる、気が付く

It was easy to see that he was lying.


見えるということは、「気が付く、分かる」ということにもなります。嘘をついているのが容易に分かります。

      🔈

I can see that he needs my help.


助けを求めていると分かります。

      🔈

As you can see, our customers have increased by 20%.


「As you can see」はよく使うフレーズです。「お分かりのように」の意味です。「分かるでしょう、ほら」という感じ。

      🔈

少しずつ積み上げましょう。随時、更新予定です。

「Look」のAnswer Key

【現在進行形】looking【過去形】looked【過去分詞】looked

視線を送る

She looked at him.


⤴️
「look」は視線を向ける動詞ですが、その視線の「着地点(的)」を「at」で繋ぎます。

      🔈

She’s looking at herself in the mirror.


⤴️
鏡の世界は「in」と捉えます。

      🔈

He looked up at the sky.


今度は「up」を「look」の後に置きました。これで見上げる意味になります。そして、「at」で対象を繋ぎます。

      🔈

She looked down at her shoes.


今度は「down」を置き、視線を下に向かわせました。

      🔈

She looked to the left.


「to」は方向性を表します。この場合、「to the left」と繋げます。また、「to her left」とも表現します。

      🔈

We have to look both ways before we cross the street.


⤴️
右、左を見るを見る場合、こう表現します。

      🔈

She looked at me over her shoulder.


⤴️
視線が肩を越えて、こちらに届きました。この場合、「over」で繋ぎます。

      🔈

He’s looking out the window on a rainy day.


窓から外を見る場合、「look out the window」と表現できます。

      🔈

He’s looking in the box.


箱の中を覗き込みました。

      🔈

She’s looking through binoculars at the birds.


双眼鏡は「binoculars」になります。筒状のため、「through」した、と考えます。「through」は「貫通」のイメージ。

      🔈

He’s looking through the blinds.


同じ「through」を使います。またブラインドは「blinds」と、複数形で使います。

      🔈

look through the magnifying glass


⤴️
「magnifying glass」を通して見ています。

      🔈

少しずつ積み上げましょう。随時、更新予定です。

フラッシュカードに挑戦

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードに挑戦です。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!