英語を日本語の音に切り替えず、そのまま理解する
Answer Keys

【完全保存版】英語 前置詞フラッシュカード(Over)Answer Key

こちらは前置詞「Over」のイメージです。少しずつ更新予定です。

「over」は「越えるイメージ」です。一つずつ、見ていきましょう。覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

「越える」イメージ

The horse jumped over the fence.


⤴️
馬とフェンスの動きの関係性は、下をくぐるのではなく、横でもなく、「上を越える、またぐ感じ」です。この関係性が「over」の感覚です。

      🔈

He jumped over the bar.


⤴️
主語と「over」するものをすり替えてみました。パターン数を増やすことで、感覚が掴めてきます。

      🔈

They jumped over the puddle.


今度は越えるものが、水たまりになりました。

      🔈

She looked at me over her shoulder.


⤴️
同じです。視線が肩を越えて、こちらに届きました。

      🔈

「覆う」イメージ

She’s leaning over the desk.


「lean」は傾く動詞です。この場合、「desk」との関係性が「over」です。物理的に越えてはいませんが、この「覆う」感じを「over」で表現できます。

      🔈

He’s leaning against the wall.


⤴️
もちろんこの場合は「over」ではありません。「wall」に対して、どう「lean」しているか。関係性は「→←」なので、この場合、「against」を使います。

      🔈

The tree fell over in the storm.


⤴️
「fall」は下に落ちる、倒れる動きです。ただ、木は「⤵︎」の動きで「fall」しました。この場合、「fall over」で表現できます。また、「storm」の中で、と考えますので、「in the storm」になります。

      🔈

The baby rolled over a few times.


上の木と同じです。「⤵︎」の動きが「over」で、「roll」は転がる動詞です。「roll over」は寝返りを打つ意味。

      🔈

上にあるイメージ

There’s a lamp over the table.


⤴️
さてこの場合、動きはありません。ただ、この上にある状態も「over」で表現できます。

      🔈

The painting is over my bed.


⤴️
また、別に壁に掛かっていても構いません。沢山のパターンを見て、感覚を掴みましょう。

      🔈

The bridge is over the river.


スケールを大きくしてみました。もちろんこの場合の「bridge」と「river」も、「over」の関係で表現できます。

      🔈

I’m roasting marshmallows over the fire.


⤴️
マシュマロを炙り焼きするする時も、火との関係が「over」で表現できます。

      🔈

この調子で、少しずつ積み上げていきましょう。随時更新予定です。

フラッシュカードに挑戦

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードに挑戦です。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!