イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
Answer Keys

【英語】前置詞フラッシュカード(Over)Answer Key

こちらは、前置詞「Over」のイメージです。

「over」は「越えるイメージ」です。覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Contents

Answer Key

「越える」イメージ

The horse jumped over the fence.


⤴️
馬とフェンスの動きの関係性は、下をくぐるのではなく、横でもなく、「上を越える、またぐ感じ」です。これが「over」の感覚です。

      🔈

He jumped over the bar.


今度は「bar」を越えています。

      🔈

They jumped over the puddle.


「puddle」は水たまりです。

      🔈

She looked at me over her shoulder.


発想は同じです。視線が肩を越えて、こちらに届きました。

      🔈

覆う、上にある

She’s leaning over the desk.


「lean」は傾く動詞です。この場合、「desk」との関係性が「over」です。この「覆う」感じを「over」で表現できます。

      🔈

He’s leaning against the wall.


もちろんこの場合は「over」ではありません。「wall」に対して「→←」の関係なので、この場合、「against」を使います。

      🔈

There’s a lamp over the table.


⤴️
この場合、動きはありません。しかし、この「上にある状態」も「over」で表現できます。

      🔈

The painting is over my bed.


別に壁に掛かっていても構いません。

      🔈

The bridge is over the river.


スケールを大きくしてみました。「bridge」と「river」の関係も、「over」で表現できます。

      🔈

I’m roasting marshmallows over the fire.


マシュマロを炙り焼きするする時も、火との関係性を「over」で表現できます。

      🔈

He’s putting on his jacket over his shirt.


シャツの上にジャケットを重ねています。こういう「重ね着」も「over」で表現できます。

      🔈

They served a pork cutlet over rice.


「pork cutlet」でトンカツを表現できます。「cutlet」は薄切りの肉のこと。それをご飯の上に被せて出してくれました。これで「カツ丼」が表現できます。

      🔈

She put her hands over her face.


手で顔を覆いました。手と顔の関係性が「over」です。

      🔈

倒れる動き

The tree fell over in the storm.


⤴️
「fall」は下に落ちる、倒れる動きです。そして、木は「⤵︎」の動きで「fall」しました。それをこの場合、「fall over」と表現できます。

      🔈

The baby rolled over a few times.


上の木と同じです。「⤵︎」の動きが「over」で、「roll」は転がる動詞です。「roll over」で、寝返りを打つ意味になります。

      🔈

The kitten knocked over the pins.


ピンを倒しました。同じく「⤵︎」の動きです。

      🔈

向こう側に渡る

They’re walking slowly over the bridge.


橋を渡る時も「over」が使えます。
▶️ただこの場合、「over」の代わりに「横切る」意味の「across」もよく使います。

      🔈

The girl is climbing over the fence.


女の子がフェンスを越えようとしています。「climb」は登る動詞です。

      🔈

My town is just over the mountain.


この場合、自分の町は「この山の向こう側にあるよ」と伝えています。視点を飛び越えさせる感じです。

      🔈

Look over there!


よくフレーズですね。「over there」で「向こうに」の意味。視線を向こうに移してね、の感覚です。

      🔈

We’re over here!


これは離れているところから、「自分たちはここにいるよ」と伝えるフレーズです。

      🔈

数値を越える

She’s been waiting for over 30 minutes.


「over」は数字を越える時にも使います。今、彼女が待っている時間は30分を越えているようです。

      🔈

The temperature is over 20 degrees Celsius.


気温が20度を上回りました。

      🔈

This banquet hall holds over 400 people.


この宴会場は400人よりも、沢山収容できるようです。

      🔈

他のものよりも好んで、優れて

I would choose steak over any other dish on the menu.


この場合、「メニューの中にある全ての中で、ステーキを選ぼう」と表現しています。こうして「over」には、「他のものよりも好む、優れて」という意味があります。

      🔈

〜をおさえる、支配を及ぼす、広がる

She has control over the class.


「over」は覆うニュアンスから、支配を及ぼす時にも使います。この場合、先生はクラスをコントロールしていることを表現しています。

      🔈

その期間を通して

I’ll think about it over the weekend.


「over」は越えるニュアンスから、「その期間を通して」の意味になります。今、「それについて週末考えさせて」と言っています。

      🔈

何かを使って

We talked over the phone a few days ago.


越える感じから、「over」で「手段」を表すことができます。今の場合、電話を使って、のニュアンスです。この場合、「on」もよく使います。

      🔈

I heard the news over the radio.


ラジオでそのニュースを聞いたようです。ただこの場合、「over」よりも「on」をよく使います。

      🔈

原因、テーマ

They’re fighting over the toy.


よくある構図ですが、今おもちゃを巡ってケンカをしています。一つのものを両者でまたいでいる感覚が「over」で表現できます。「over」で原因を表現することがあります。

      🔈

Don’t cry over spilt milk.


よくあるイディオムです。こぼれたミルクはもう戻らないので、泣いても仕方がない。つまり、「覆水盆に返らず」のニュアンスです。泣く原因を「over」で表現しています。

      🔈

They’re having a disagreement over who should make dinner.


「disagreement」は不和の意味です。今、誰が夕食を作るかで揉めています。

      🔈

They had a debate over gender equality.


ディベートが行われたようです。議題は「男女の平等」について。

      🔈

〜をしながら

We talked about the contract over lunch.


「over」は越えるイメージから、「…をしながら」のニュアンスを出すことができます。今、ランチを取りながら、契約に関する話をしています。

      🔈

We talked over a cup of coffee.


同じです。コーヒーの飲みながら、の感覚です。

      🔈

終わる、終了する

I think we’re over the worst of the pandemic.


向こう側に渡る、ということは「over」は「終了」の意味も持ちます。今、伝染病の最悪の事態を越えた、と考えているようです。

      🔈

We’re over.


これで、仲が終了したことを伝えています。この場合、他にも「It’s over between us.」や「We’re done.」などとも言います。

      🔈

You should get over him.


乗り越えろよ、彼のことは忘れようよ、と声を掛けています。

      🔈

〜の音を抑えて

I can’t hear you over the noise.


「over」は越えることから、何かの音を上回って、の意味もあります。今の場合、騒音を越えられなかったようです。

      🔈

We had to shout over the loud construction noise.


「construction site」は工事現場のことです。その騒音を上回って、大声を出さないといけなかったようです。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!