英語を日本語の音に切り替えず、そのまま理解する
Answer Keys

【完全保存版】英語 前置詞フラッシュカード(On)Answer Key

こちらは前置詞「on」のイメージです。随時更新予定です。

「on」は「接触」のイメージです。考え方としては「二次元」です。一つずつ、見ていきましょう。覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Contents

Answer Key

接触

There’s an apple on the desk.


「apple」が「desk」の上に接触しています。この場合、「apple」と「desk」の関係性が「on」になります。よく「….の上で」の日本語訳になりますが、重力の関係上、上になるケースが多くなるだけです。

      🔈

She has an apple in her hand.


⤴️
この場合、「on」ではありません。手のひらの中は「空間」と捉え、「in」の感覚になります⚠️

      🔈

There are strawberries on the cake.


「strawberries」の位置は上に接触しているので、「on」で表現します。

      🔈

Apples grow on trees.


「grow」は成長する意味です。「tree」のどこで成長するか。この場合「on」、つまり「表面」と考えます。

      🔈

The kitten is stuck in the tree.


「kitten」が降りられなくなりました。このハマった感じが「stuck」です。そしてこの場合は「on」ではなく、「in」の感覚になります。中から抜けられない状態。

      🔈

I hung these pictures on the wall.


「hang」は掛ける動詞です。どこに掛けたか。もちろん、壁の表面に掛けました。この場合、「on」の感覚です。

      🔈

The shadows are on the wall.


⤴️
影の場所ももちろん、「on the wall」になります。

      🔈

I kissed her on the cheek.


彼女にキスをしました。どこに、どういうふうに。それが、「on the cheek」になります。

      🔈

He bumped his head on the ground.


⤴️
「bump」はゴツンと打つ動詞です。どこにどう打ったか。それが「on the ground」になります。「on」は「接触」から、「ぶつかった時の繋ぎ目の言葉」としても使われます。また、「たんこぶ」は英語で「bump」で表現できます。

      🔈

She drew “XOXO” on the mirror.


⤴️
さて、鏡の世界は「in」で表現しました。しかし、表面に描いた場合、もちろん「on」になります。また、よくある「XOXO」は「hug and kiss」の意味です。

      🔈

She’s lying on the sand.


砂の上に横たわっています。この場合も「on」です。横たわる動詞は「lie」ですが、現在進行形は「lying」で過去形は「lay」になります。

      🔈

They’re playing in the sand.


さて、この場合は「in」になります。上と何が違うかというと、下は「掘ったり」して今す。つまり、接触でなく、砂を「空間」として捉えます。結局ですが、前置詞は「前後の中」で見ていく必要があります。

      🔈

I have a cut on my finger.


さてこの場合、実際は内部にダメージを負っていますが、「cut(傷)」は「on」で考えます。

      🔈

乗り物の感覚

She’s getting on the horse.


⤴️
今から乗り込む感じです。上に(on)乗るニュアンスで「get on」になります。中に(in)入るわけではありません。

      🔈

She’s getting off the horse.


逆です。接触から離れる(off)ニュアンスなので、「get off」になります。

      🔈

He’s getting in the car.


感覚が違います。中に(in)乗り込んでいます。「on」ではない。ここを「on」にすると、上に乗っかってしまうことになります。
▶️「get in/on」の感覚の違い

      🔈

He’s getting out of the car.


出てきました。中(in)の反対であれば、「out of」になります。

      🔈

She’s getting in the taxi.


タクシーも同じ感覚です。

      🔈

He’s getting out of the taxi.

      🔈

They’re getting on the bus.


車やタクシーと同じに見えますが、車やタクシーと違う点があります。まず、自分の行先を決められません。決められた運行があり、そこに飛び乗り(on)、そして自分の目的地に着けばそこで飛び降りる(off)感覚です。そのため、公共機関のものは「on」を使います。

      🔈

They’re getting off the bus.


また、車と違い、地面が「board(板)」で、そこに乗る感じなので、「on/off」との相性がいいです。そのため、中を立って移動できるものは「in/out of」ではなく、「on/off」を使う、と説明する方もいます。

      🔈

I’m getting on the train.


これもバスと同じ感覚ですね。

      🔈

I’m getting off the train.

      🔈

I got on the escalator.


⤴️
もちろん、エスカレーターも「on/off」の感覚です。「in/out」ではありません。

      🔈

I got off the escalator.

      🔈

身につける

She has a tattoo on her arm.


「tattoo」はどこにあるか。もちろん、くっついています。そのため、「tattoo」は「on+体の部位」で表現できます。

      🔈

She has a ring on her finger.


「tattoo」と同じ感覚です。「ring」はどこにあるか。この場合、指についています。そのため、「on her finger」となります。

      🔈

He’s putting on his roller blades.


「put」は設置する動詞です。「on」をつけることで、「身に着ける」意味になります。

      🔈

She’s putting on red lipstick.


口紅や化粧も同じです。「put on」を和訳ではなく、イメージで捉えましょう。

      🔈

支える

He’s standing on the stool.


⤴️
この男の子は「stool」の上に乗っています。そして、この場合、「stool」が支えている、と考えます。そのため、「on」には「支える」というニュアンスも入ります。

      🔈

She’s standing on one foot.


片足立ちです。「one foot」が支えている。そのため、「on one foot」で表現できます。

      🔈

She’s standing on her tiptoes.


⤴️
足の指は「toe」、先っぽは「tip」で表現します。そのため、つま先立ちはこれで表現できます。

      🔈

She’s walking on crutches.


松葉杖は「crutch」ですが、二本で使うなら複数形です。それに支えながら歩いている。そのためこの場合、「on crutches」で表現できます。

      🔈

He’s hopping on one foot.


⤴️
「hop」はピョンピョン跳ねる動詞です。それを「on one foot」にすると、ケンケンになります(ちなみにこの遊びは「hopscotch」と呼ばれます)

      🔈

面している

My house is on the left.


さて、「on」は接触していることから、「面している」とも考えられます。左側に載っている。面している。「on the left」で、左側にあることを表現できます。

      🔈

I keep cows on the farm.


「farm」は牧場の意味ですが、そこに面したところに牛を飼っています。この場合も「on」を使います。

      🔈

I live on this street.


この通りに接触、面したところに住んでいる意味になります。

      🔈

Her picture is on page 47 of the magazine.


彼女の写真は47ページに面しています。この場合、ページの平面に乗っかっている、と考えます。しかし、写真が「雑誌に載っている」と言う場合は「Her picture is in the magazine.」で表現します。本や雑誌はボックスのように、「open/close」するので、空間(三次元/in)と考えます。

      🔈

時間的感覚の「on」

They went on a date on April 30th.


4月30日という日付に、デートに行きました。年や季節は「in(すっぽり)」の感覚、時刻などは「at(ピンポイント)」の感覚でしたが、日付の場合は「on」の感覚です。

      🔈

I play soccer on Sundays.


⤴️
曜日も「on」の感覚になります。

      🔈

The bus arrived on time.


⤴️
「on」はピタリとした感覚でした。そのため、「on time」で時間通り、のニュアンスになります。

      🔈

I finished the project on schedule.


同じです。「on schedule」で、「スケジュール通り」のニュアンスです。

      🔈

On my way home, I saw a stranger sitting on the step.


帰り道に、見知らぬ男が座っているのを見たようです。「on my way home」で、「家への道」上を表現できます。また、この場合「on my way to home」のように、前置詞は入れません。

      🔈

すぐに、のニュアンス

On arriving home, my family welcomed me back.


⤴️
「on」は「接触」から、ポンと到着した時に、のニュアンスが出ます。家に帰ったらすぐに、家族が出迎えてくれた。

      🔈

Your hotel room will be ready for you on arrival.


同じです。到着したら、すぐに部屋が使用できる。

      🔈

She screamed on hearing the news about the game.


聞いた瞬間、叫んだようです。

      🔈

この調子で、少しずつ積み上げていきましょう。随時更新予定です。

フラッシュカードに挑戦

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードに挑戦です。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!