日本語に切り替えず、英語のまま理解する
Answer Keys

和製英語フラッシュカード(Food)Answer Key

こちらは、「和製英語(Food)」のAnswer Keyです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

French fries【ˈfrentʃ fraɪz】


×フライドポテト
▶️イギリス英語では「chips」です。

      🔈

corn dog【ˈkɔːrn dɔːɡ】


×アメリカンドック

      🔈

bread【bred】


×パン
▶️「パン」と言うと、フライパンをイメージされます⚠️

      🔈

cherry tomato【ˌtʃeri təˈmeɪtoʊ】


⤴️
×プチトマト

      🔈

green bell pepper【ˌɡriːn bel ˈpepər】


×ピーマン

      🔈

bacon and eggs【ˈbeɪkən ˈænd eɡs】


×ベーコンエッグ
▶️ この場合、間に「and」が入ります。

      🔈

ham sandwich【hæm ˈsænwɪtʃ】


×ハムサンド
▶️「サンド」は砂の意味になりますので、略せません⚠️

      🔈

pancake【ˈpænkeɪk】


×ホットケーキ
▶️この「pan-」は「frying pan」の「pan」のことです。

      🔈

cream puff【ˈkriːm pʌf】


×シュークリーム
▶️「シュークリーム」と言うと、「靴磨きクリーム」をイメージされます⚠️

      🔈

Japanese sponge cake【ˌdʒæpəˈniːz spʌndʒ keɪk】


×カステラ

      🔈

chestnut【ˈtʃesnʌt】


×マロン
▶️「マロン(marron)」は英語ではなく、フランス語で「栃の実」のこと。「マロングラッセ」が日本に伝わった際、栃の実に代用された栗が、日本で「マロン」と呼ばれるようになりました。また、焼き栗は、roasted chestnut」で表現できます。

      🔈


plastic bottle【ˈplæstɪk bɑːtl】


×ペットボトル
▶️「ペットボトル」だと、ペット用のボトルのようなイメージになってしまいます。また、水のペットボトルはよく「water bottle」と言います。

      🔈

iced coffee【aɪst ˈkɔːfi】


⤴️
▶️会話では「アイスコーヒー」でも通じますが、正しい英語は「-ed」をつけます。そのため、メニューなどは全て「iced coffee」表記です。もちろん、アイスティーも「iced tea」になります。

      🔈

mixed fruit juice


⤴️
▶️「ミックスジュース」ではなく、「mixed」と「-ed」が付きます。「mix」された状態。

      🔈

pineapple juice【ˈpaɪnæpl dʒuːs】


×パインジュース
▶️「pine」だけだと、「pine tree(松の木)」になります。しっかりと「pineapple」と言いましょう⚠️

      🔈

soft-serve ice cream【sɔːft sɜːrv ˈaɪs kriːm】


×ソフトクリーム
▶️「ソフトクリーム」だと、柔らかいクリームの意味になり、伝わりません。

      🔈

Popsicle 【ˈpɑːpsɪkəl】


×アイスキャンディ
▶️商標で「Popsicle」と呼びます。

      🔈


buffet 【bəˈfeɪ


×バイキング
▶️「バイキング」だと、昔の北欧の戦闘民族をイメージされます⚠️

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!