イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
Answer Keys

【英語】助動詞フラッシュカード(Can)Answer Key

こちらは助動詞「Can」のイメージです。

覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

可能である、できる、やり方を知っている、能力がある

I can dress myself.


一人で、着替えることができます。
▶︎「can」は、「潜在的にできる、可能である」意味です。

      🔈

I can’t decide what to do.


何をすべきか、決めることができない。

      🔈

She can play the piano.


ピアノを弾くことができます。
▶︎「やり方を知っている」、というニュアンスです。

      🔈

I can whistle.


口笛を吹くことができます。

      🔈

She can read books.


本を読むことができます。

      🔈

I can run a very long distance.


長距離を走ることができます。

      🔈

A cheetah can run more than 100 kilometers per hour.


チーターは、時速100キロ以上で走ることができます。

      🔈

This car can hold 4 people.


この車は四人まで、収容できます。
▶︎「仕様」についても、「can」を使って表現できます。

      🔈

感じ取れる、察知できる

I can’t see anything without my glasses.


メガネがなかったら、何も見えない。
▶︎これは能動的な能力ではなく、察知できるかどうか、のニュアンスです。
(視界に入るのは「see」ですので、この場合「look/watch」は入りません)

      🔈

I can hardly hear you. Could you speak up a little bit?


よく聞こえないので、もう少し大きく話してくれない?
▶︎こちらも「耳に聞こえるか」どうかなので、「hear」を使います(意識的に耳を向ける「listen」は使いません)

      🔈

起こりうる、ありえる

That can’t be true. I already sent an e-mail.


ありえない。私、メールを送ったはずなのに。
▶︎「can」は「可能」のニュアンスより、「起こりえる、ありえる」意味でも使います。

      🔈

At this time of year the Big Dipper can be seen in the night sky.


この季節、北斗七星(the Big Dipper)が空に見えます。

      🔈

許可

Can I go to the bathroom?


トイレに行ってもいい?
▶︎「可能」のニュアンスから、「可能ですか?」と許可を求める際にも使えます。
(この場合、「can」の代わりに「may」を使うのが、一般的です)

      🔈

You can watch TV after you finish washing the dishes.


皿を洗い終わったら、テレビを見てもいいわよ。

      🔈

Can I have a glass of wine?


ワインを一杯、もらってもいい?

      🔈

Can I ask a question?


質問してもいいですか?

      🔈

可能性

He can be selfish at times.


彼はたまに自分勝手なことがある。
▶︎潜在的に、そうなる可能性を秘めているニュアンスです。

      🔈

In this region, the weather can change quickly.


この地域は、天候が変わりやすい。
▶︎変わる可能性がある、というニュアンスです。

      🔈

過去形、未来形の場合

I could play the piano when I was young, but I can’t play it now.


若い時はピアノが弾けたのに、今は弾けない。
▶︎可能性の「can」の過去形なので、「昔はそうだった、その可能性があった」というニュアンスです。

      🔈

By studying hard, I was able to pass the exam.


沢山勉強したから、テストに合格できた。
▶︎この場合、「could」は使いません。「can」は「潜在性」を意味するので、「could」にすると、「テストに合格する能力があった」という意味になり、「合格できた」というニュアンスにならないからです。
▶︎そのため、この時は「was able to…(〜できた)」を使って表します。実際にした場合は「be able to」を使いましょう。

      🔈

If you keep practicing, you’ll be able to become a professional baseball player someday.


練習を続けたら、きっといつかプロ野球選手になれるよ。
▶︎文法的に「will can」と同時に並べることはできないため、この場合は「will be able to …」の形を取ります。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!