イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
助動詞

【英語】助動詞「Should」の使い方(Answer Key)

こちらは、助動詞「Should」のイメージです。

覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

すべきである、した方がいい

You should get some rest.


ちょっと休んだ方がいいよ。
▶︎「should」は「shall」の過去形で、「…すべきだ、した方がいいよ」という提案やアドバイスをする時によく使います。
(一方、似た「had better(…した方がいい)」はもっと強制的で、「…した方がいい。さもないと、大変なことになるぞ」というニュアンスになり、脅しにも使われますので、使い分けに注意です)

      🔈

They should be punished.


奴らは罰せられるべきだ。
▶︎「そうなって当然」という感覚です。

      🔈

We should leave a few minutes early to make sure we get there on time.


時間通りに到着できるように、数分早めに出ましょうね。

      🔈

What time should we meet?


何時に待ち合わせにしようか。

      🔈

するべきだった

I should have brought my umbrella.


傘を持ってくればよかった。
▶︎「should have + 過去分詞」で、過去を振り返って「…すればよかったのに」と後悔を表す表現になります。

      🔈

I should have studied harder.


もっと勉強しておけばよかった。

      🔈

You should have called me first.


真っ先に私に電話すればよかったのよ。
▶︎このように後悔だけではなく、使い方によっては「忠告」になったりします。

      🔈

I shouldn’t have driven to work today.


今日は車で出社しなければよかった。
▶︎否定形にすれば、「…しなければよかった」の意味になります。

      🔈

提案

Should I turn the music down?


音楽のボリュームを下げましょうか?
▶︎「…すべきだ」というニュアンスから、「…すべきでしょうか?…しましょうか?」という「提案」にも使われます。

      🔈

そうであるべきだ、そうであるはずだ

You should be ashamed of yourself, behaving so rudely to our guests!


お客様にあんな失礼な態度を取って、反省しなさい(自分を恥なさい)
▶︎「そうであるべきだ」のニュアンスでも使います。

      🔈

There should be five place settings at the table, not four.


テーブルには5人ね、4人じゃなくて。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!