イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
助動詞

【英語】助動詞「Must」の使い方(Answer Key)

こちらは、助動詞「Must」のイメージです。

覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

強い圧力、強制力

One must eat to live.


生きるためには、人は食べなくてはならない。
▶︎「must」は「…しなければならない」という「強い圧力、強制力」を表す助動詞です。
(一方、「have to」は「…しなくてはいけない」という感覚です。強い強制力ではなく、「自らが抱えた義務感」を表現します。そのため、いやいや感やしぶしぶ感があります)

      🔈

You must follow the rules.


ルールに従わないといけません。
▶︎同じく、「強い圧力」があります。

      🔈

I told him what he must do.


彼に何をしないといけないのか、伝えた。

      🔈

We must correct these problems soon or the project will fail.


これらの問題をすぐに直さないと、計画は失敗するだろう。

      🔈

I must remember to stop at the store.


そのお店に立ち寄ること、忘れないようにしないと。

      🔈

All passengers must exit at the next stop.


次の停車場で、全員降りないといけません。
▶︎このようにルールや法律などで定められていることも、「must」で表現できます。

      🔈

You must not do it.


それをしてはならない。
▶︎「must」は「強い圧力、強制力」なので、「must not」にすると「…してはいけない」という「禁止」を表します。
(一方、「not have to …」の場合は「…する必要はない」の意味になり、「must not」とニュアンスは大きく変わります)

      🔈

強い推薦、オススメ

You must read this book. It’s fantastic!


この本を読んでみてよ。素晴らしいから!
▶︎「must」は「強制力」から、「強いオススメ」にも使います。「絶対にしなよ」の感覚です。

      🔈

You must come visit us soon.


すぐに私たちのところにおいでよ。

      🔈

You really must see the doctor about that cough.


その咳について、絶対に医者に行くべきだよ。

      🔈

強い断定

It must be almost dinner time.


もう時期、夕飯の時間だ。
▶︎「must」を判断の用法で使う場合、「絶対にそうに違いない」という意味になります。疑いの余地がない。

      🔈

You must think I’m a fool.


俺のことを馬鹿だと思っているに違いない。

      🔈

The bus must be coming soon.


バスはもうすぐ来るに違いない。

      🔈

It must have been the coffee that kept me awake.


眠くならないのは、コーヒーのせいに違いない。
▶︎「must」に過去形はありません。そのため、「…だったに違いない」という意味を持たせるためには、「must+have+過去分詞」の形で表現します。

      🔈

You haven’t eaten all day. You must be hungry.


何も今日、食べていないでしょ。きっとお腹が減っているよね。

      🔈

You must be joking!


冗談でしょ!
▶︎「冗談に違いない、冗談に決まっている」の感覚です。日常、よく使います。

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!