イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
助動詞

【英語】助動詞「May」の使い方(Answer Key)

こちらは、助動詞「May」のイメージです。

覚えたら、フラッシュカードへどうぞ。

Answer Key

かもしれない、50:50の可能性

That may or may not be true.


正しいかもしれないし、そうではないかもしれない。
▶︎「may」は「50:50」の感覚です。不確定な「かもしれない」のニュアンスになります。

      🔈

It may snow tonight.


今夜は雪になるかもしれない。

      🔈

He may have missed his train.


彼は電車に乗り遅れたかもしれない。
▶︎「may(might)+have+過去分詞」で「…したかもしれない」という、「過去の推量」が表現できます。

      🔈

He may be slow, but he does very good work.


彼は仕事は遅いかもしれないが、とてもいい仕事をする。

      🔈

When you’re older, you may understand.


大きくなったら、理解できるかもしれない。

      🔈

〜してもいい、許可

May I come in?


入ってもいいですか?
▶︎「may」で「許可」を表せます。「…してもいい」の感覚。

      🔈

No one may enter without a ticket.


チケットがないと、誰も入ることはできません。

      🔈

You may go now.


もう帰ってもいいよ。
▶︎このように上下関係がはっきりしているので、日常会話の中では「may」の代わりによく「can」を使います。そちらの方が、嫌味がありません。

      🔈

May I help you?


いらっしゃいませ。お伺いしましょうか。
▶︎「may」は上下関係がしっかりしているので、よく接客の場面で使われます。

      🔈

May I borrow your pen?


ペンを貸してもらえませんか?
▶︎ただそこまで上下関係がなくても、「may」で頼むと、とても丁寧に響きます。

      🔈

そうでありますように、祈願

May you have a long and happy life!


長くて、幸せな人生になりますように!

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!