a

「私の友達」を英語で言うと?ー「a friend of mine」の感覚

管理者

【無料体験アリ!】全世界No1のオンライン英会話【広告】

クイズ

 Bob is ____ of mine.
(ボブは私の友達だ)

A)friend B)a friend C)friends

【無料体験アリ!】口頭反復練習で「話せる」へ【広告】

なぜ「a friend of mine」という表現が必要なのか?

答えは「a friend」になります。

答え

B)a friend

 Bob is a friend of mine.
(ボブは私の友達だ)

まず、「friend」は可算名詞です。

英語は「数えられるもの」を無冠詞で使うことはできないため、(A)の「friend」は文法的に間違いです

そして、ボブはもちろん一人なので、「friends」も数が合いません。そのため、(C)の「friends」も間違いになります。

そして、ここで「a friend of mine」という表現について、英文法のおさらいをしておきましょう。

よく日本人は「ボブは私の友達です」から「Bob is my friend.」としがちです。

しかし、それだと「友達がボブしかない」というニュアンスになってしまう、という説明をどこかで受けたかもしれません。

なぜそうなるかと言うと、「my」を使うと、「私の唯一の」という限定感が滲んでしまうからです。

「my」のイメージ例文

Welcome to my home.
(私の家へようこそ)

普通、家は一つしかありません。沢山ある中の一つの家だとは、誰も思いませんよね。

他の「my」の例文を見てみましょう。

  • My mother and I both love to dance.
    (私の母と私は共にダンスが好きです)
  • I enjoy my job very much.
    (私は自分の仕事を楽しんでいます)

母も仕事も、数量的に「一つ」を想定しています。

しかし、友達はどうでしょうか?

そう、普通は一人ではなく、沢山いるはずです。

そして沢山ある中の一つ、というニュアンスを出したい時に使うのは、不定冠詞の「a」です。

そのため、本来であれば「a my friend」といきたいところなのですが、文法のルール上、「a」と「my」は同時に使うことができません。「my」は「the」と同じで、共生は不可能です。

では、どうすれば「沢山存在している中の、私のものの一人」と表現できるかというと、「a friend of mine」にすれば解決です

そうすれば、文法的にもニュアンス的にも間違いがなくなります。

なぜこのようなややこしい構造になっているかというと、英語は唯一のものなのか、それとも沢山ある中の一つなのかを、日本語とは違ってしっかり区別する言語である、というところにあるでしょう。

「of+所有代名詞」のパターンを少し紹介しておきます。

  • She is a distant cousin of mine.
    (彼女は私の遠いいとこだ)
  • It’s a favorite game of theirs.
    (それは彼らのお気に入りのゲームなんだ)

どうでしょうか。

このように表現することで、遠いいとこも複数人いたり、お気に入りのゲームも複数あることが、暗に伝わってきますよね。

もちろん、口語では「a friend of mine」と毎回毎回言わず、普通に「my friend」などと使われてはいますが、なぜネイティブが「a friend of mine」という表現を産み出さないといけなかったかが分かれば、幸いです。「私の母」と「私の友達」の感覚は違うのです。

以上、「a friend of mine」について、でした。

無料体験はこちらから!【広告】
ABOUT ME
金沢優
金沢優
英語講師、小説家
石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、マスコミ業界へ。

その後、学習塾、英会話スクール教室長、大手英会話スクールの本部勤務を経験。その中で、日本の英語教育の「大きな問題点」に気付く。

2017年、脚本賞を受賞した「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」を幻冬舎より出版(重版4回達成)「英語に失敗した大人世代」から大きな共感を得る。

現在は一般企業にて英語を使って働きながら、主にInstagramを通し、学び方についても発信中。その他にも講演会の実施やテレビ出演など。
記事URLをコピーしました