日本語に切り替えず、英語のまま理解する

「英語で考える」とは?

「英語脳」って何のこと?

さて、皆さんは今までに「英語脳」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「🍎」を「apple」で覚えよう、というものです。

このコンセプトをもっと分かってもらうために、ここで更に詳しく説明します。

「日本語脳」で生きている日本人

さて、下の文章を読んでみて下さい。

「今日ね、お母さんに浴衣を着せてもらったの。すっごい可愛かった」

恐らく皆さん、理解できたはずです。

さて、「これを言った人間」は、以下のどれだと思いますか?

  1. 90代の男性
  2. 50代の女性
  3. 男の子
  4. 女の子

当然のように皆さん、「❹女の子」を選んだはずです。

では、それはなぜでしょうか。文章の中で、「女の子」とは一言も述べられていません。

ただ、「口調が女の子」です。そして、「言葉が少し幼い」でしょう。「お母さん」とも言っています。

その結果、❹が想像できます。❶なら、気持ちが悪い。

そう、日本語を聞けば、読めば、「シーン」が浮かぶのです。それが「日本語脳」です。

「今日ね、お母さんに浴衣を着せてもらったの。すっごい可愛かった」

聞いても、読んでも絵が浮かぶ。🍎を見たら、「りんご」という。「りんご」と聞けば、🍎が浮かぶ。

「英語脳」で捉えられない日本人

では、次に英語にいってみましょう。

I play soccer with my friends almost every day.

さあ、どうでしょうか。

「I」とは誰でしょうか。

  1. 90代の男性
  2. 50代の女性
  3. 男の子
  4. 女の子

もちろん、❹も考えられますが、普通は❸を選ぶでしょう。❶なら死んでしまいます。

I play soccer with my friends almost every day.

時制は「現在形」ですので、「習慣」を表します。そして、「almost every day」と言っているからには、恐らく上手い可能性が高いです。

さて、これを「日本語のように一瞬で」頭に描けるかどうか、現在形のニュアンスを汲み取れるか、瞬時に英語で表現できるかどうか。

そして、何よりもそこに、「日本語の音を介在させない」ことが「英語脳」の定義です。

つまり、「訳して(日本語で)捉えない」ということ。

こうして、私たちが自由に日本語を話せる、聞けるのは、思い浮かんだものや聞いたものを、そのまま日本語で理解できているからです。

日本語は、他言語から切り替えていないから、自由に使える。「場面」と「言葉」が隣り合わせ。

ちなみに先ほど私が、「❶なら気持ちが悪い、❶なら死んでしまう」と書いたのを読み、クスリとなった方は、絵を頭に描いたからです。

これが、「言葉のメカニズム」です。

そしてもちろん英語ネイティブは、英語を聞いて、読んで、そのような頭になっています。

当たり前ですが、彼らの頭の中には、「日本語の音」がありません。

なぜ「日本人の英語」は、世界に通用しないのか?

日本人は誰もが、リスニングを苦手とします。それは音を拾うのも一苦労なのですが、何よりも一度頭の中にスペルを描き、それを日本語に切り替えて、理解しようとするからです。

それは筆記試験では特に問題ありませんが、リスニングでは大きな負荷になってしまいます。

普通に考えて、2つも余計な作業が入っているのは確実です。この時点で、ネイティブと理解方法が違います。

冷静に考えてみましょう。私たちが日常話している日本語を、いちいち頭に文字で描いて、英語で理解しようとしていたら、どうでしょうか。

「頭がパンパン」になると思いませんか?

そう、日本人は、こういう「リスニングに不向きなやり方」で英語を習ってきました。昔はリスニングの必要性がなかったからです。

しかし、です。

もしも日本語のように、英語を英語のまま捉えられたらどうでしょう?

一瞬で聞ける、分かる、絵が出る。あとは口を何度も動かせば、英語も話せるようになる。

詐欺のような話に聞こえるかもしれませんが、実はこれは、皆さんも「既に体験している」のです。

それは、リスニングで「bed」や「bench」、「soccer」などが出てきたときです。

日本語に変換する必要がないので、「楽」でしょう。

そう、日本語でもそれらを「ベッド」「ベンチ」「サッカー」と呼んでいるのです。だから、文字も出ず、日本語に切り替える作業がない。「音」と「絵」が重なる。

これが「英語脳」と言われるものの、断片です。ここに「英語習得のヒント」がある。

日本語訳ではなく、そのまま英語(イメージ)で捉える。

「そんなの、無理だよ。日本人は、日本語でしか理解できないんだよ」

そう、思われるかもしれません。

特に「頭の固い人、マインドの古い人、革新性を嫌う人」ほど、そう言いがちです。

しかし、それは、「誰が決めた」ことでしょうか?試したでしょうか? 深く考え、方法を模索し、訓練したでしょうか?

日本を出て、海外に住んでみれば、それが「古い常識」だと一瞬で気づくはずです。

なぜなら、英語圏に行けば、すべて(イメージ)を英語で呼んでいるのですから。英語と日本語の「1:1」になった単語帳などは、日本国内でしか売られていません。

考えてみましょう。単語帳で、「bed」を「寝台」、「bench」を「腰掛け椅子」、「サッカー」を「蹴球」と覚えるのは、バカらしいと思いませんか?

そう覚えれば、頭の中で、一語一語文字にし、英語をすべて「日本語のフィルター」に通さないといけなくなります。

その瞬間、世界観が歪みます。冠詞、単・複数形、時制などの、英語独特で、日本語にない概念が欠落し、確実に後で「修復作業」が入ります。

今の大人が何度も「英語」をやり直しているのは、この「古い学び方」のせいです。

英語の学び方を、ネイティブに近づけていこう

「bed」は「bed」、「pillow」は「pillow」です。

これを「pillow:枕」という日本語で覚える必要は、もうこの時代、どこにもありません。

ネイティブにとっては、「🍎」は「apple」なのです。「りんご」という音は介在しません。

そして、ここの音を揃えていくのが、リスニングやスピーキングの道です。

ネイティブは世界をどう切り取っているのか。どう眺めているのか。それを突き詰めて、口に出していく。何度も何度も、繰り返し繰り返し。「音の型」をつけていく。

そのうちですが、「まだ日本語に訳してんの?何で?英語を学んでいるんだったら、日本語じゃなくて、英語を出さなきゃダメでしょ?」という時代になるでしょう。

「早めにマインドを切り替えられた人」が、今の時代、英語で報われることになるはずです。

そして、「その教え方に切り替えている指導者や保護者」に出会えた方は、ラッキーだと、心から思います。

「もしなる」やこのサイトを通じ、「この道」を歩み始められることができるのであれば、幸いです。