日本語に切り替えず、英語のまま理解する
オススメ教材・ソフトなど

【英語育児】英語習得は「音」と「場面(イメージ)」を重視して

「音」によって「想像力」を働かせるのが、言葉である

さて、私の実家には、一匹の犬がいます。名前は「ラッシー」。ちょっとおバカです。

もう14年は生きていますが、未だに「お座り」ができません。3年前、一度行方不明になり、その2日後、ドブの下で発見されました。

この子は「お座り」の意味が理解できないのかな。それとも分かっていて、あえて守らないのかな。こればかりは謎です。

とにかく「オスワリ」という音には、反応できない(しない!?)のです。

しかし、ラッシーは、ある音に敏感に反応します。

それは、「サンポ」という言葉と、「カサカサ(お菓子のプラスチックの包み紙が開く音)」です。

動物を飼っている人は、分かると思います。そう、敏感な「音」があるのです。

その時、ラッシーには何が起きているのか。

恐らく、そこには「音→想像力(イメージ)」が働いているのではないかと私は思うのです。その音が何を表すかを、「想像」している。

性格が悪いですが、どこまで分かるか、ラッシーを騙したことがあります。

「サンポ!」ではなく、「ヨンポ!」と言いました。尻尾を振る。「ニホ!」尻尾を振らない。分からない。

恐らく「サ・ン・ポ」に似たリズムで、状況を判別しているのだろうと思っています。

犬は言葉を話せませんが、私はこれを「一種の会話」と考えます。「音」を使って、相手に状況を伝える。想像を働かせる。

そう、これが言葉の役割です。

日本人が英語を「言語」として使えない理由

これは私たちが使っている日本語も同じです。音を聞けば、想像力が働来ます。

「夏休み」
「少年」
「カブトムシ」

ここでは文字で書きましたが、これらの文字を音で聞いても、すぐに想像できるはずです。暑さも伝わってくるでしょう。元気な少年の姿も連想できます。

というのも、それを見て「夏休み」「少年」「カブトムシ」ということを、長年かけて、見て、聞いて、言ってきたからです。そういう「場面の記憶」がある。

言葉とは、「音」が引き連れてくる「場面の記憶」である。

犬だって同じです。

「サンポ!」「カサカサ(プラスチック音)」という音が、場面を呼び起こしている。

しかし、私たちは犬たちと「決定的に違う点」があります。

それは「文字」です。

そう、人間は文字を使い、「音」もなく相手に伝えることができるのです。

文字はとても便利です。つまり、音がなくても言葉として機能する。

しかし、これが日本人の「リスニング下手を引き起こす要因」にもなっています。

というのも、日本人はこうやって、英語を「文字だけ」で理解してしまうからです。

ここが日本人が国家レベルで、リスニング力を削ぎ落としている現場です。

言葉なのに、英語を、音も場面(イメージ)も宿らせず、訳して終わらせてきた。リズムも全部後回しで、日本語の音(和訳・カタカナ発音)で固めてしまう。

その結果、何が起こってしまうか。

音を聞いても、情景が引きづられてこない。頭の中が、情景ではなく、文字でいっぱいになる。

本来ですが、英語だけは黒板で学んではいけなかったのです。

英語は「音」がある。つまり、「音楽」と一緒。楽譜だけの研究で終わると、数年後、「聞けない」という事態を引き起こす。

ここを他の教科と同列に考えると、「音」を失い、「言語」へと昇華できなくなります。

ちなみにこれは向こうの海外ドラマ「フルハウス」です。学校で英語を勉強して、これが理解できる人はどれだけいるでしょうか。

恐らく0人になるはずです。頭の中が「文字でいっぱい」になるでしょう。

言語(英語)は、「音」から入るのが鉄則

それでは、今後どうやって英語と向き合えばいいのでしょうか。

例えば以下の単語を見て下さい。

「spring」
「butterfly」
「girl」

恐らく、受験英語を頑張ってきた人は「春」「ちょうちょ」「少女」が出るはずです。

しかし、ネイティブはこうなっています。

そう、日本語訳ではなく、しっかり「場面の記憶」がついてくるのです。それは英語と共に「生きて」きたからです。

今後、英語の話者を目指す以上、「正しい音と場面の記憶」を重ねていく必要があります。まずはしっかり「聞ける」ようになるために、です。

もちろん、そのために使う教材も選ばないといけません。従来のものだと、同じ結果になります。

今後、英語学習者はもちろん、特に子供に英語を教えている方は、「正しい音」を「実物(絵)」と一緒に重ねていきましょう。

そして、真似をして(させて)、繰り返し繰り返し音を出す(させる)。子供の方が大人よりも、遥かに発音は上手くなるはずです。

言語の基本は「真似」。「真似」は子どもの方が遥かに上手い。

そしてもちろん、これは年単位で、ほぼ毎日続けることが求められます。音の記憶はなかなか宿らないからです。

毎日毎日、繰り返されることで、「音と場面」が一致していきます。

言語習得は「根気」が要る。植物が1日でならないのと一緒。

育児の場合、保護者がどこまで踏み込んでやってあげるか、でしょう。そして、子供がどこまで興味を示してくれるか。ここが、今後の大きな分かれ道になると思います。

周りに流されず、「今の時代に正しい道」に子どもを引っ張っていってあげてください。

やはりこちらのディズニー教材は、やはりとてもよく考えられています。子どもに英語を「正しく」学ばせたいのであれば、やはり一度検討されるべきでしょう。もしもこちらを効果的に使うことができれば、確実に将来、子供が英語に苦しむことはないと思いはずです。

「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!