英語を日本語の音に切り替えず、そのまま理解する
「やり直し」のない単語帳

『Oxford Picture Dictionary』の使い方(2)

言葉は「目に見える名詞」から生まれる

『Oxford Picture Dictionary』の使い方、その2です。

さて、私たちが国内にいながら、英語を話せるようになるためには、身につけてきた様々な「常識」を覆さないといけません。

というのも、日本人はほぼ全員、英語が話せるようになっていないのですから。であれば理論上、周りと同じやり方(常識)では、同じ道を辿ることになります。大人が築いてきた道は、世界に通用しない。

つまり、話者になるには、周りと「逆行」せざるをえません。その際、一番参考になる、真似るのは、ネイティブスピーカーのやり方です。そのやり方に、間違いなどありません。

彼らはどうやって英語を話せるようになったのか。そのアプローチはとても重要です。真似られるところは、できるだけ真似た方がいい。もちろん、アイテムや教材も同じものを使った方がいい。

では、ネイティブの子供の言語習得の過程を、このシーンからチラリと覗いてみましょう。

彼らはこうやって、英語を育んでいます。

Poor old Fox Has lost his socks.

絵本にはこう書いてあります。彼らはもちろん、日本語など知りません。つまり、私たちが「理解の媒体」にしているものを一切使っていない。

そのため、彼らは「絵の中」に、意味を見出します。”Fox”や”his socks”に当たるものです。描かれているはずです。

こうして、まずネイティブの子供たちは「目に見える名詞」を強烈に、感覚で残していきます。私たちが習得に苦労する「単/複数系、冠詞の概念」も、パターン数でカバーしていく。

そして大人はその後ろで、英語の発音で「音」を伝えます。文字が読めないのですから。もちろん、カタカナ発音など存在しません。

そして、「poor」「old」などの形容詞、「(has) lost」などの動詞などのニュアンスを「名詞」に被せていきます

こうして言葉は、まず「目に見える名詞」を「軸」に展開されます。

言葉の出発点は、まずここ。

名詞を知らなければ、「poor」「old」「(has) lost」も、すべて使い物になりません。ガラクタでしかない。それらは名詞を説明するアイテムなのですから。

私がSNSに使っているイメージの中には、必ず「名詞」が組み込まれています。形容詞や動詞を説明する時に、必ず入ってきてしまうのです。それがないとそれらが説明できない。

“cute”を説明するなら、cuteなものがある。”have”を説明するなら、何が何を”have”するかが存在しないと”have”を見せられない。

一語で覚えていくと、頭に使い物にならないものが溜まっていきます。

言葉の習得には、正しい、破ってはいけない順番がある

さて、私たちが日本語を話せるようになったのは、正しい過程を辿ったからです。

「ママ」「パパ」「ごはん」「みるく」「おなか」

まずは、これ。身の周りに、どっしりと「名前をつけていく」

そして「目に見える」ということは必然的に「身近なもの」に限られてきます。そして、それを「使い」、言葉は育まれていきます。ここに感覚を被せていく。

名詞を「運用」していく。

ごはん、おいしい」「みるく、あったかい」「おなか、いたい」

そして成長とともに、言葉が洗練されていく。

「ねえお母さんお昼ごはん、先に食べていい? もうお腹がペコペコ」

このように、言葉のスタートは「名詞」になっているはずです。

上の黒字部分を抜くと、言葉が浮遊するでしょう。「何が?」「何を?」になる。名詞は「重量」を持ちます。

自分の周りを見渡して下さい。生活は沢山の名詞に囲まれています。知らないものはないはず。名前を知らないものばかりに囲まれていたら、言葉に不自由するはずです。

私たちは全て名前を知っているから、自由に、豊かに日本語を話せる。名詞を活かせる。

では、次にそれらを英語で呼んでみて下さい。恐らく、激減するはずです。そして、その中に沢山の和製英語も紛れている。だから、英語を話せなくても、変てこりんになっても当然。不思議でもなんでもない。

英語で生きてこなかったから当然。生活と英語が「切り離されて」いた。

まずは身の回りの「名詞」から覚えよう

まずは目に見えるものを覚えましょう。そしてそれを音に出し、何度も「呼ぶ」ことが、言語の第一歩目です。

私が知る限り、ほとんどの日本人は身の回りの単語を知りません。

当然です、学校でやってこなかったのですから。ましてや、それを英語で呼ぶ反復練習の指示もなかった。

学校で習ってきたものは、「言葉」ではなかった。

あれは英語という「教科」だった。二つは別個のものである。

TOEICを頑張ってスコアを上げたのに、話せるようにならなかった方は「教科」の方をしたからです。「言葉」ではなかっただけ。

話者になるなら、違う勉強です。

「言葉」として英語を話せるようになりたい方は、言語の基本に戻りましょう。

まずは、赤子のように「身の回りのものを英語で呼ぶ」です。

「これを英語で何と言うんだろう」という学び方をして下さい。

絵を見て、何度も言う。それに当たる音を何度も聞く。それが「言葉」の学び方です。

逆に、上の英単語を辞書で調べて「この英語は日本語で何だろう」と学んでしまうと、「教科」の方になっていきます。

つまり、話せるようにならなかった、多くの日本人の道を辿ります。ネイティブはそんなことを一つもしていません。

それをすると、頭に蓄積されるのは英語ではなく、日本語になります。それはのちに、「英作文」という大きな作業を残します。また、違う勉強が始まります。

『OPD』を覚える時の注意事項

注意の一点目は、イラストだけを覚えてしまわないことです。

例えば、”pencil sharpner”は覚えたのに、自分の筆箱にある”pencil sharpner”を英語で呼べなかった場合、すべての努力は無駄になっています。

生活に英語を見出すための、イメージで覚える、です。これ一冊を覚えて、実生活に英語を浮かび上がらせようとしなかった人は、何か勘違いをしています。

二点目は「何度も」声に出すこと。

「知っている」では、まだ使い物になっていません。私たちが、眼鏡を見て、すぐに「メガネ」と言えるのはノートに書いて覚えたからではなかったでしょう。何度も「口に出して、聞いて、覚えた」はずです。

もしも国内にいて、話者を目指すのであれば、眼鏡を見て「glasses」と何度も呼んで感覚を付けるしかありません。

口にすれば、自分で「聞く」もできる。ダブル効果があり、ここに言葉が宿る。

英語を口にしない人は、「英語の話者になれない」と思ってください。こちらも絶望的に、何か勘違いをしています。

「環境さえあれば、聞き流していれば、文法を極めれば、英語は話せるようになるかも」と思っている人はこのパターンです。

どの環境にいても、結局は自分が口を動かさないと話せるようになりません。国内であれば、尚更です。

口調が厳しいですが、皆さんに失敗して欲しくないから、お伝えしておきます。『もしなる』の学院長さんであれば、「一昨日来やがれ、クソバカ野郎」と言うでしょう。

そして、よければフラッシュカードを使って、何度も何度もアウトプットしてください。やればやるほど、頭と口が揃ってきます。

そして三点目は、この辞書の日本語訳つきバージョンがあることです。これは、私はオススメしません。

せっかく絵を使い、感覚で英語を覚えようとしているのに、日本語訳があれば、母国語で理解しようとしてしまいます。そうすると、母国語の感覚、語順で英語を捉えることになります。

メインであるイラストが「おまけ」になり、この辞書の価値がほぼなくなってしまう。これでは単語帳と何も変わりません。

川島永嗣選手は、どうやって話者になったのか

さて、今でこそ、世界で活躍するサッカーの川島選手ですが、その昔は国内での英語習得に苦労されたようです。

以下は、著作の本当に「英語を話したい」キミへ』の中にあった文言です。言語習得の大きなヒントになります。

「道を歩いていて、看板を見つけたら、その中に描かれている言葉について『あれは何て言うんだろう』と思って調べてみる。日々の生活で身近にあるものを全て、階段でも家具でもそれぞれを『これは何て言うんだろう』『これは?』『あれは?』と、自分で一問一答していく。それだけでも、ずいぶん違ってくると思います」

本来言葉は、赤ちゃんが初めて言葉を覚える時のように、目に入るもの、耳にするもの全てを、てらいなく受け止めて覚えていけばいいんだ、そう気づいたのです。6年間、学校で勉強しても、一言も喋れなかった僕が、19歳から24歳までの5年間である程度の英語を話せるようになりました。とにかく上達するためには、立ち止まらずに学び続け、『喋り続ける』ということでした」

川島選手は、「言葉」としての勉強(練習)に切り替えたから、英語の話者になりました。こういう地道な努力を「生活」の中でしてきた。

さて、皆さんは英語を使って、何をしたいですか?

(写真はどちらも、川島永嗣さんオフィシャルブログより)

教材の発注はこちらから

こちらが第三版で最新のようです。

また、オーディオCDもあります。

その他、これ以外にも沢山の「イラスト+音+英語」の辞書がありますので、良ければ書店で見てみて下さい。自分に合ったものを選ぶのがいいと思います。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!